2017.4.30 表丹沢「葛葉川本谷」

2017.4.30 表丹沢 「葛葉川本谷」
1級 / III
日帰り 沢のぼり(ソロ)


丹沢の超メジャー沢へ。


----------


かなーり久しぶりの山。ジムクライマーしてました。
年々沢始めが早くなるような気もしますが、暖かい4月最後の日、丹沢の沢へ。
ルートは葛葉川本谷、はじめての沢に選ばれることが多いそうです。


東名・秦野中井ICから北西方向へ進み、葛葉の泉まで。
ここは全国名水百選に選ばれているそうで、地元の人が水を汲みに来ています。


DSC05801.jpg



とりあえず橋をわたる。


DSC05802.jpg



橋を渡って川沿いに歩いて、小さい堰堤を越えたところから入渓。
徒歩2分。


DSC05803.jpg



本谷というには小さな沢ですが、小滝が続き、楽しく登れます。


DSC05805.jpg


DSC05808.jpg


DSC05809.jpg


DSC05811.jpg


DSC05813.jpg


DSC05814.jpg


DSC05815.jpg


DSC05818.jpg



これが板立の滝でしょうか。乾いている右壁を登りました。


DSC05820.jpg



こんな感じでちょうどIII級くらい。
残置ハーケンと、抜けたとこにボルトあり。


DSC05821.jpg



林道下の滝で大学生のグループに出合いました。
下級生っぽい子にはきちんとロープ出してて良い感じ。


DSC05822.jpg


DSC05824.jpg



幅広スラブ。


DSC05830.jpg



水流右手のフレーク / クラック状からまっすぐ登りました。


DSC05831.jpg


DSC05835.jpg



この辺の滝でガバ掴んだらひびがピシピシっと入って50cm角くらい崩れました。
油断は禁物。


DSC05837.jpg



最後まで本谷をつめると急なザレになるらしいので、
950m付近で右岸に枝沢が入ってきた所で左の小尾根に逃げる。

三の塔尾根付近は人の手の入った森でした。
ちょうど伐採作業をしていて、チェーンソーの音のする方へすすむ。
超フレッシュな、さわやかな香りがすごい。


DSC05841.jpg



三の塔に到着。眺めが良く、広々としていて、山頂感のあるところです。富士山も見えます。
緑茶で柏餅を食べ、ゴロゴロとひなたぼっこ。


DSC05844.jpg



帰りは二の塔経由で葛葉の泉へ、でだしは相模湾を眺めつつ、静かな下山。


DSC05845.jpg



DSC05848.jpg



風が葉を揺らし、自分も森の中に溶け込んでいく。


DSC05849.jpg






オススメ度 ★★★☆☆

コンパクトにまとまっていて、飽きのこない良い沢と思います。
滝も巻きやすく、ルート中間に林道が通っているので、
初心者のロープワーク講習なんかにいいでしょう。


参考タイム 葛葉の泉駐車スペース(3分)入渓点(1時間)林道横断地点(1時間半)三の塔(1時間)葛葉の泉(※休憩時間含まず)
装備 日帰り装備一式、カム・ナッツ・ハーケン少々、8mm/30mロープ(使用せず)
参考 東京起点沢登りルート120








スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

2017.1.7 八ヶ岳 権現岳「権現沢右俣 三ツ滝ルンゼ」

2017.1.7 八ヶ岳 権現岳「権現沢右俣 三ツ滝ルンゼ」
4級下 / V-くらい
日帰り アイスクライミング(ソロ)


今年の季節進行に合わせるシリーズの続き。
今年なら雪少なく、ちょうど今頃登り時なのでは、ということで
八つ東面の渋ルートへ。


----------


八つ東面は清里の美し森駐車場からスタート。
車中泊は道の駅南きよさとです。非常に静かで、さむい夜を過ごす。


1月とは思えないほど雪はなく、
鹿の家族を見ながら歩くこと2時間弱で出合小屋。


DSC05753.jpg



雪は少ないですが、沢はガラスのような氷が張っています。


DSC05754.jpg



出合小屋からすぐで権現沢の右俣。このあたりから三つ滝が見えたような。


DSC05755.jpg



右俣下半の最初の滝です。右の緩いところはやや水が流れていますが問題なし。


DSC05759.jpg



左に正面ルンゼの滝が見えます。


DSC05760.jpg



雪面を歩く。


DSC05762.jpg



ナメ氷のねじれてる滝。


DSC05763.jpg



ゴルジュ内の滝。
グサグサの氷でアイゼンが切ってしまうので、意外と神経を使う。


DSC05764.jpg



この上は雪崩れ地帯でデブリが。
常にチリが落ちてきます。


DSC05768.jpg



このあたりの右岸に氷柱が見えたので上がってみましたが、
下までつながっていなかった。
前回の広河原沢左俣の氷とほとんど同じ形状、サイズです。


DSC05765.jpg



右の狭い入り口の氷のルンゼがナメ滝ルンゼ。左が三つ滝ルンゼです。


DSC05769.jpg



三つ滝ルンゼ出合からすぐで三つ滝。4つあるような・・・。


DSC05771.jpg



「三つ滝」の真ん中はこんな感じで面白そうです。20m / V-くらい。
でも今回は長くなりそうなので登らず。


DSC05773.jpg



三つ滝ルンゼの本流は右のこの滝。上半分は垂直で、18mとのこと。
残雪期は雪に埋もれて8m / IV+くらいになるそうです。
広河原沢左俣の大滝よりも難しかったので、V-くらいでしょうか。


堅くてもろい氷と、ひっきりなしに落ちてくるスノーシャワーに悩まされて意外に苦労しつつ、
何とか登りきる。疲れました。


DSC05774.jpg



大滝上はひたすら雪面。だんだん急になってきて、ダブルアックスでのぼる。


DSC05776.jpg


DSC05778.jpg



このあたりからどれが本流だか判然としません。


DSC05780.jpg


DSC05781.jpg



岩に阻まれてしまいました。


DSC05782.jpg



左にルンゼ状があったので、左に。


DSC05784.jpg



この選択がイマイチだったようで、
草付きにアックスを引っかけて急な雪面を微妙な登りで上がっていく羽目になり、
この先どうなっているか不安になりつつ進みました。写真とる余裕なし。


上がったところはどうやら権現東稜の最上部だったようで、
リッジにでた瞬間、突然最高の景色が広がりました。


DSC05788.jpg



今日も最高の天気で新年の富士山を眺める。
富士山は登るよりも見る山だと思います。


DSC05789.jpg



阿弥陀、赤岳方面。


DSC05792.jpg



ルンゼのツメはこのくらいの傾斜があって、どうやっても急なツメになりそうです。
嫌なツメがあるから4級下なのかも。


DSC05795.jpg



下りはツルネ東稜から。
2450m付近で尾根が分かれるところがあり、上から見て左に進みます。
間違い尾根にも正しい尾根と同じくらいのトレースがありますが、
テープがありますので要チェック。


DSC05798.jpg



締まった雪で割と早く登れたにも関わらず、ツメに意外と手間がかかり、
帰りの林道で暗くなってしまいました。この林道がなかなか長く、
最後は木村カエラ的に「林、林道、林、林、林道」と頭の中でリフレイン。


帰りも鹿の鳴き声をききつつ、人には誰にも会わない一日で、日本の冬を堪能しました。





オススメ度 ★★★☆☆

渋いルートが好きな人におすすめ。
滝らしい滝も3,4個くらいで、難しいのは三つ滝だけです。
雪が増えるとラッセルがきつく、雪崩の危険性もかなり高いのでやめた方が良いでしょう。
ツメはルートファインディングを慎重に。うまくいくと権現の肩、鎖場あたりにでるそうです。


参考タイム
美し森駐車場(1時間40分)出合小屋(30分)権現沢右俣出合(2時間20分)三つ滝下(2時間45分)権現岳(1時間)ツルネ(1時間20分)出合小屋(1時間30分)美し森駐車場

装備
日帰り装備一式、スクリュー6本、ハーケン少々、10.2mm/50mロープ(三つ滝の大滝のみ使用)

参考
チャレンジ!アルパインクライミング(南アルプス・八ヶ岳・谷川岳編)新版アイスクライミング全国版





ペツルシャルレ(PETZLcharlet) ノミック U21 3ペツルシャルレ(PETZLcharlet) ノミック U21 3
()
PETZLcharlet(ペツルシャルレ)

商品詳細を見る





テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

山行記録一覧

クリックすると山行記録を見ることができます。
敗退の記録はこちらから。

注釈のないものはすべて単独登攀です。
今後、過去の山行記録も含め随時更新していきます。







クライミング(夏)


【北アルプス】

錫杖岳「1ルンゼダイレクト」(2011.10.28)
錫杖岳「見張り塔からずっと」(本峰フェースまで)(2011.10.29)
錫杖岳「注文の多い料理店」(2011.11.5)
北穂高岳 滝谷「第4尾根」(2016.8.12-14)
前穂高岳 北尾根4峰正面壁「北条=新村ルート」(2011.7.17-19)


【南アルプス】

北岳 バットレス「ピラミッドフェース〜第4尾根」(2009.9.19-21)
北岳 バットレス「下部フランケ〜第4尾根」(2010.7.17-19)


【谷川岳】

一ノ倉沢 烏帽子沢奥壁「凹状岩壁」(2010.9.18)
一ノ倉沢 烏帽子沢奥壁「中央カンテ」(2010.9.26)
一ノ倉沢 烏帽子沢奥壁「変形チムニー」(2010.10.2)
幽ノ沢 V字状岩壁「右ルート」(2013.5.25)
幽ノ沢 左俣「中央ルンゼ」(2013.6.1)
マチガ沢 「本谷〜東南稜」(2013.9.29)


【八ヶ岳】

横岳 大同心正面壁「雲稜ルート」(2009.9.26)
阿弥陀岳「南稜」(2016.11.20)


【その他エリア】

秩父 二子山「中央稜」(2009.5.23)






クライミング(冬)


【北アルプス】

北穂高岳「東稜」・前穂高岳「北尾根」(2009.5.2-5)
錫杖岳「3ルンゼ」(2011.3.5-6)
鹿島槍ヶ岳「東尾根」(2011.5.5-7)
白馬岳「主稜」(2014.4.27)


【南アルプス】

甲斐駒ヶ岳「黄蓮谷右俣」(2010.12.18-20)
甲斐駒ヶ岳「黄蓮谷左俣」(2011.1.18-20)
甲斐駒ヶ岳「坊主ノ沢」(2012.12.27-29)
甲斐駒ヶ岳「篠沢七丈瀑」(2014.1.11-12)
甲斐駒ヶ岳「駒津沢」「奥駒津沢」(2014.1.25-26)
甲斐駒ヶ岳 尾白川下流域「刃渡り沢」(2014.1.19)


【谷川岳】

一ノ倉沢 一ノ沢右壁「左方ルンゼ」(2011.2.20)


【八ヶ岳】

赤岳「主稜」(2010.4.3)
赤岳「天狗尾根」(2016.4.16)
「南沢大滝(下部だけ)」(2016.12.28)NEW!
阿弥陀岳「北西稜」、南沢小滝(2012.12.20-21)
阿弥陀岳「広河原沢左俣」(2013.12.23)
阿弥陀岳「広河原沢左俣、右側壁の氷柱」(2017.1.3)NEW!
阿弥陀岳「広河原沢3ルンゼ」(2016.12.25)NEW!
横岳「裏同心ルンゼ」(2011.12.11)
横岳「裏同心ルンゼ」(2014.12.27)
横岳「裏同心ルンゼ」〜「ジョウゴ沢」(2016.12.17-18)NEW!
横岳「裏同心ルンゼ〜大同心大滝」(2011.12.18)
横岳「裏同心ルンゼ」〜ジョウゴ沢「乙女の滝、ナイアガラの滝、右俣大滝」(2010.12.5-6)
横岳「大同心大滝」、「三叉峰ルンゼ」(2010.12.11-12)
横岳「中山尾根」(2010.3.28)
横岳「日ノ岳稜」(2014.1.4)
横岳「無名峰ルンゼ」(2015.12.29)
ジョウゴ沢「幻の氷柱」(2011.12.17)
ジョウゴ沢「左ルンゼ」(2013.12.26)
峰ノ松目沢(2012.12.16)
旭岳「東稜」(2009.1.18)
地獄谷 上ノ権現沢(2015.12.19-20)
権現岳「権現沢右俣 三ツ滝ルンゼ」(2017.1.7)NEW!
稲子岳「南壁左カンテ」(2014.11.22-23)
春日渓谷(2015.12.26)


【その他エリア】

西上州 荒船山艫岩「昇天の氷柱」(2011.2.13)
西上州 相沢「子犬殺しの滝」(2012.2.25)
大谷不動 「不動裏」「本流2ノ滝」「右側壁ルート」(2011.2.5-6)






沢のぼり


【北アルプス】

黒部川「赤木沢」(2013.8.16-18)(パーティー)


【南アルプス】

釜無川水系 尾白川「黄蓮谷右俣」(2016.7.30-31)


【中央アルプス】

天竜川水系 大田切川中御所谷「西横川」(2014.9.13)


【上越・越後】

魚野川水系 万太郎谷「本谷」(2010.9.5-6)
魚野川水系 万太郎谷「井戸小屋沢右俣」(2015.8.16)
魚野川水系 仙ノ倉谷「西ゼン」(2012.8.26)
魚野川水系 登川「米子沢」(2012.9.1)
魚野川水系 大源太川「北沢本谷」(2016.7.23)
利根川水系 谷川「ヒツゴー沢」(2013.8.4)
利根川水系 谷川「鷹ノ巣C沢」(2016.8.7)
利根川水系 湯檜曽川「本谷」(2013.8.10-11)
利根川水系 湯檜曽川 東黒沢「白毛門沢」(2010.8.29)
利根川水系 湯檜曽川「ゼニイレ沢」(2016.7.1)
利根川水系 湯檜曽川「白樺沢ケサ丸沢右俣」(2014.9.6)
利根川水系 楢俣川「前深沢遡行〜狩小屋沢下降」(2015.7.25-26)
利根川水系「東黒沢〜ナルミズ沢」(2016.10.15-16)


【奥秩父・大菩薩・御坂】

笛吹川水系 東沢「釜ノ沢東俣」(2010.9.11-12)
笛吹川水系 東沢「鶏冠谷右俣」(2015.6.27)
笛吹川水系 東沢「鶏冠谷左俣」(2016.5.21)
笛吹川水系「ヌク沢左俣右沢」(2015.6.13)
笛吹川水系 芦川「濁沢」(2013.8.31)
多摩川水系 一之瀬川「竜喰谷」(2011.7.10)
多摩川水系 一之瀬川「大常木谷」(2012.8.13)
多摩川水系 滑瀞谷「小常木谷」(2014.5.17)
多摩川水系 滑瀞谷「火打石谷」(2015.5.23)
多摩川水系 泉水谷「小室川谷遡行〜大黒茂谷下降)」(2013.6.29-30)
荒川水系 滝川「滝川本谷〜古礼沢」(2013.7.6-7)
荒川水系 滝川「豆焼沢」(2016.5.8)
相模川水系 葛野川「深入沢」(2013.8.24)
相模川水系 桂川「大幡川四十八滝沢」(2016.5.15)


【奥多摩・丹沢】

奥多摩 南秋川水系「軍刀利沢」(2012.7.22)(パーティー)
東丹沢 谷太郎川「鳥屋待沢」(2013.5.12)
東丹沢 早戸川「本間沢」(2016.5.2)
表丹沢 水無川「セドノ沢右俣(大滝上まで)〜中尾根下降〜左俣」(2013.5.18)
表丹沢 水無川「本谷」(2016.5.14)
表丹沢 四十八瀬川、水無川「勘七ノ沢遡行〜モミソ沢下降〜源次郎沢遡行〜小草平ノ沢下降」(2014.5.10)
西丹沢 玄倉川「小川谷廊下」(2013.7.13)
西丹沢 玄倉川「檜洞」(2015.5.10)
西丹沢 中川川「白石沢モロクボ沢」(2014.7.26)
西丹沢 中川川「大滝沢マスキ嵐沢」(2014.8.3)


【その他エリア】

尾瀬 片品川水系 根羽沢「大薙沢(左俣遡行〜右俣下降)」(2013.6.9)
奥日光 鬼怒川水系 大谷川「柳沢川(右俣遡行〜左俣下降)」(2013.6.16)
奥鬼怒 鬼怒川「魚沢遡行〜赤岩沢下降」(2013.6.22-23)
那須 那珂川水系 苦土川「井戸沢〜峠沢」(2014.8.24)
八幡平 葛根田川「北ノ又沢」(2015.6.20-21)
吾妻連峰 阿武隈川水系「前川大滝沢」(2015.7.5)
安達太良山 阿武隈川水系「石筵川」(2015.7.12)
阿武隈川水系「白水沢左俣左沢」(2015.7.11)
碓氷川水系 霧積川「墓場尻川」(2016.5.5)






夏山登山


【北アルプス】

裏銀座〜西穂高岳(2008.8.3-6)
槍ヶ岳「北鎌尾根」(2008.9.13-15)


【南アルプス】

鳳凰三山(2009.8.22-23)


【その他エリア】

奥多摩 雲取山(2012.5.12-13)
奥秩父 乾徳山(2012.5.19)(パーティー)
尾瀬 燧ヶ岳(2012.6.23-24)(パーティー)
丹沢 大山(2016.10.2)






冬山登山


【北アルプス】

槍ヶ岳「横尾尾根」(2008.12.28-31)
燕岳(2012.11.24-25)(パーティー)

【南アルプス】

北岳(2011.12.30-1.1)

【八ヶ岳】

赤岳(パーティー)(2012.12.1-2)


【その他エリア】

富士山(2008.11.22-23)









ペツルシャルレ(PETZLcharlet) ノミック U21 3ペツルシャルレ(PETZLcharlet) ノミック U21 3
()
PETZLcharlet(ペツルシャルレ)

商品詳細を見る



テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

2017.1.3 八ヶ岳 阿弥陀岳「広河原沢左俣、右側壁の氷柱」

2017.1.3 八ヶ岳 阿弥陀岳「広河原沢左俣、右側壁の氷柱(仮)」
3級 / IV+(広河原沢左俣)、V〜V+(右側壁の氷柱)
日帰り アイスクライミング(ソロ)


宿題になっていた、なぜかなかなか完登できないルート、広河原沢左俣。
さらに、今年突如出現した珍しい氷柱をプラスして、頑張ってみる。


----------


あけましておめでとうございます。
今年のスタートも諸事情により日帰り。堕落の日々です。


今シーズンは氷がイマイチで、季節が2週間ほど遅れている感じ。
ということは、今、広河原沢あたりがベストなんじゃないか?
では、毎年のように敗退している広河原左俣をいい加減完登してやろう、と。
で、ネットで状況を調べてみると、どうやら今年は側壁に謎のごんぶとの氷柱ができている模様。
ついでにこれも登ればこのところのモヤモヤを少しは吹き飛ばせるかな。
ってことで頑張ってみましょう。




3が日だってのに、また道の駅「こぶちさわ」で車中泊し、
舟山十字路を8時すぎに出発。
前泊の意味ないじゃんとか言わないように。朝はゆっくりしたいものです。


二俣への道はうっすら雪があるものの、非常に歩きやすい。
あっという間にF1へ到着。ここは毎年凍らないので慌てることはなし。
釜の右端の薄い氷を、そろそろとへつり。


DSC05664.jpg



その上は滑氷の世界でした。
他のルート含め、こんなベストタイミングは初めてかもしれません。


DSC05666.jpg



滑氷に雪がかぶってシワシワの綺麗な模様。


DSC05670.jpg



F2(III+〜IV-くらい)もしっかり凍っています。


DSC05672.jpg



ナメ〜


DSC05677.jpg



F3かな。いい感じに凍ってる。簡単。


DSC05679.jpg



F4


DSC05681.jpg



F5としときましょう。


DSC05682.jpg



ナメ〜


DSC05683.jpg



F6ってことで。問題なし。


DSC05684.jpg



次々現れる滝を快適に登っていくと、つららの世界に。
この辺にあるやつが狙いの氷か??と一瞬思いましたが、
これらはどうも細いし、落ち口の氷が無くて微妙。
先へ進みます。


DSC05685.jpg



チョックストーンは右側の隙間を泥臭い登りで。


DSC05688.jpg



下の大滝(F7?)、IV+級が見えてきました。
大滝下って、こんなナメ氷だったんですね。
雪が全くなく、今までと景色が違いすぎて、初めてのルートのような気分です。


DSC05690.jpg



近づいて見ると、悲惨な感じ。シャーベット気味で水が流れています。
ちなみに、氷質が悪かったのはここだけ。
でも今日は、先日の南沢大滝とは違い、濡れてもかまわず強引に登ります。
乾いている右側を真ん中あたりまで登って、氷が切れる所で中央の80度くらいの部分へ。
この滝はロープを出しましたが、びちょびちょになって、一瞬で凍り付いてしまいました。
もちろん、手袋もアウターもびちゃびちゃ。でも今日は暖かいので構わず進みます。


DSC05691.jpg



すると、大滝上で右の側壁(左岸)に氷柱が現れました。
確かにこれは見覚えがない。今年何度かあった、大雨やら暖かい日やらの影響でできたのでしょうか。


DSC05694.jpg



取り付きからいきなり立ってる。V〜V+くらいでしょうか。
垂直から始まって、60度が少しあり、上の立ち木まで20mくらい。
つららの集合体って感じですが、ぎっしりつまってて、氷質はかなりいい。


DSC05696.jpg



これみたら登らずにはいられないでしょう、ってことで、ちゃんと登りました。
懸垂で取り付きにもどる。


DSC05703.jpg



さて、ルートに戻って、さらに氷が続きます。F8?


DSC05707.jpg



F9?上の大滝です。IV〜IV+。
例年に比べ明らかに氷質がよく、簡単にみえたので、ロープ出さずに登りました。


DSC05710.jpg



上の大滝の上の二俣は適当に左へ。


DSC05712.jpg



すると、まだ小滝がありました。今年は広河原沢の当たり年かも。F10?
簡単です。III級くらい。


DSC05715.jpg



さらに二俣を左にいき、進むと前に氷が見える。


DSC05719.jpg



オマケの滝その2です。2〜3mのステップの上にナメ氷。


DSC05720.jpg



この上は雪原になっていて、ついに氷は終了。
どこがどこだかよくわかりませんが、とりあえず正面の岩場に向かって上がっていきます。


DSC05722.jpg



岩場の上が摩利支天でした。中央稜と御小屋尾根の分岐点です。
中央稜上部を見下ろす。ものすごい地形ですね。


DSC05728.jpg



下りは中央稜を下ってみることに。
上の方では広河原沢の奥壁が見えますが、ガスがかかっているのと、
複雑な地形で、どこがどこやら。


DSC05737.jpg



なんとか、明るいうちに舟山十字路について終了。ようやく宿題が終わりました。
今年は良い一年になりそう。





オススメ度 ★★★★☆

雪の少ない広河原沢左俣はこんなにも楽しいルートだったんですね。
氷柱も貴重らしいので、見つけたらついでに登ってはいかがでしょう。
ちなみに、難しめの滝は巻くことができるそうです。


参考タイム
舟山十字路駐車スペース(1時間)二俣(4時間)上の大滝(1時間15分)摩利支天(1時間45分)二俣(45分)舟山十字路駐車スペース

装備
日帰り装備一式、スクリュー6本、ハーケン少々、10.2mm/50mロープ(下の大滝と右側壁の氷柱で使用)

参考
チャレンジ!アルパインクライミング(南アルプス・八ヶ岳・谷川岳編)新版アイスクライミング全国版nukaboshiさんの記録





ペツルシャルレ(PETZLcharlet) ノミック U21 3ペツルシャルレ(PETZLcharlet) ノミック U21 3
()
PETZLcharlet(ペツルシャルレ)

商品詳細を見る





テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

2016.12.28 八ヶ岳 「南沢大滝(下部だけ)」

2016.12.28 八ヶ岳 「南沢大滝(下部だけ)」
ゲレンデ / 下部IVくらい (上部も登ってV)
日帰り アイスクライミング(ソロ)


----------


美濃戸の赤岳山荘前にストックを忘れていたことに気づき、
南沢大滝をセットにして、取りに行くことにしました。


諏訪南ICまで雪が降ったようで、道が凍っていました。
今日は南沢大滝までの短い行程なので、散歩がてら美濃戸口に車を置いて出発。


DSC05655.jpg



美濃戸口〜美濃戸間は積雪わずか、ツルツルに凍っている場所があり、
チェーンをおすすめします。

ストックは赤岳山荘のおばちゃんがしっかり取っておいていてくれていて、
無事戻ってきました。

目的の半分は達成され、のんびりと雪のちらつく南沢を歩いて行き、
堰堤を高巻きしたあとの二俣を、右のロープを越えた踏み跡をたどって行くと、南沢大滝の沢。



小滝には某超有名クライマー&ガイドさんのパーティーともう一組。
右半分はジャージャー流れ、びしょ濡れになる様子。左も溶けてぼろくなっています。
28日に鉱泉でも降ったという雨の影響でしょう。


DSC05656.jpg



で、大滝の方に移動してみました。
大滝は傾斜が急になる所まではわりとしっかり凍っていますが、
上部は溶けてスカスカの感じ。


DSC05658.jpg


DSC05659.jpg



とりあえず、左の立木まで登ってみましたが、その上はちょっと躊躇する感じ。
小滝から移って来た二人組のリードするところをみて、私はひよってやめました。
ぼろぼろのがっしゃがしゃ。
さらに、右半分には水が流れ、二人組のロープはかちかちに凍ってしまいました。

それにしても、最近どうも、めんどくさいとこを登るモードのスイッチが入りません。
ひたすら簡単な、垂直部の付け根まで(IVくらい)をトップロープで登る。


暗い道をヘッデンで帰っていきました。



オススメ度 ★★☆☆☆

左の立木までが25m弱。立ち木を利用すれば、シングルロープでも下りてこれそうです。
上まで1Pでトップロープするにはダブルロープが必要。
阿弥陀北西稜とか、何かのついでに登るといいでしょう。
黄蓮谷も氷ってなかったそうで、今年は暖冬ではずれですね。


参考タイム
美濃戸口(1時間40分)南沢大滝の沢出合

装備
日帰り装備一式、スクリュー6本、10.2mm/50mロープ

参考
チャレンジ!アルパインクライミング(南アルプス・八ヶ岳・谷川岳編)





ペツルシャルレ(PETZLcharlet) ノミック U21 3ペツルシャルレ(PETZLcharlet) ノミック U21 3
()
PETZLcharlet(ペツルシャルレ)

商品詳細を見る





テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

のら

Author:のら
 
のらクライマー。

登山歴たぶん10年目、
のら歴も同じく。

無所属のらクライマー。
あいかわらずビレイはできません。

いつもジムのボルダーで練習しています。
外のボルダーやショートルートは登ったことがありません。


最高グレード(ジム)はもう何年も更新されません・・・。
 ボルダー:2段、OS 1級
 ボルダー長もの:5.12b、OS 5.12a(年2,3本やるだけ)



山行記録一覧はこちらをクリック

twitter(更新情報のみ)
 

最新記事
カテゴリ