山行記録一覧

クリックすると山行記録を見ることができます。
敗退の記録はこちらから。

注釈のないものはすべて単独登攀です。
今後、過去の山行記録も含め随時更新していきます。







クライミング(夏)


【北アルプス】

錫杖岳「1ルンゼダイレクト」(2011.10.28)
錫杖岳「見張り塔からずっと」(本峰フェースまで)(2011.10.29)
錫杖岳「注文の多い料理店」(2011.11.5)
北穂高岳 滝谷「第4尾根」(2016.8.12-14)
前穂高岳 北尾根4峰正面壁「北条=新村ルート」(2011.7.17-19)


【南アルプス】

北岳 バットレス「ピラミッドフェース〜第4尾根」(2009.9.19-21)
北岳 バットレス「下部フランケ〜第4尾根」(2010.7.17-19)


【谷川岳】

一ノ倉沢 烏帽子沢奥壁「凹状岩壁」(2010.9.18)
一ノ倉沢 烏帽子沢奥壁「中央カンテ」(2010.9.26)
一ノ倉沢 烏帽子沢奥壁「変形チムニー」(2010.10.2)
幽ノ沢 V字状岩壁「右ルート」(2013.5.25)
幽ノ沢 左俣「中央ルンゼ」(2013.6.1)
マチガ沢 「本谷〜東南稜」(2013.9.29)


【八ヶ岳】

横岳 大同心正面壁「雲稜ルート」(2009.9.26)
阿弥陀岳「南稜」(2016.11.20)


【その他エリア】

秩父 二子山「中央稜」(2009.5.23)






クライミング(冬)


【北アルプス】

北穂高岳「東稜」・前穂高岳「北尾根」(2009.5.2-5)
錫杖岳「3ルンゼ」(2011.3.5-6)
鹿島槍ヶ岳「東尾根」(2011.5.5-7)
白馬岳「主稜」(2014.4.27)


【南アルプス】

甲斐駒ヶ岳「黄蓮谷右俣」(2010.12.18-20)
甲斐駒ヶ岳「黄蓮谷左俣」(2011.1.18-20)
甲斐駒ヶ岳「坊主ノ沢」(2012.12.27-29)
甲斐駒ヶ岳「篠沢七丈瀑」(2014.1.11-12)
甲斐駒ヶ岳「駒津沢」「奥駒津沢」(2014.1.25-26)
甲斐駒ヶ岳 尾白川下流域「刃渡り沢」(2014.1.19)
大仙丈ヶ岳 三峰川「岳沢」(2017.12.29-31)


【谷川岳】

一ノ倉沢 一ノ沢右壁「左方ルンゼ」(2011.2.20)


【八ヶ岳】

赤岳「主稜」(2010.4.3)
赤岳「天狗尾根」(2016.4.16)
「南沢大滝(下部だけ)」(2016.12.28)
阿弥陀岳「北西稜」、南沢小滝(2012.12.20-21)
阿弥陀岳「広河原沢左俣」(2013.12.23)
阿弥陀岳「広河原沢左俣、右側壁の氷柱」(2017.1.3)
阿弥陀岳「広河原沢3ルンゼ」(2016.12.25)
横岳「裏同心ルンゼ」(2011.12.11)
横岳「裏同心ルンゼ」(2014.12.27)
横岳「裏同心ルンゼ」〜「ジョウゴ沢」(2016.12.17-18)
横岳「裏同心ルンゼ」「ジョウゴ沢」(2017.11.25-26)
横岳「裏同心ルンゼ〜大同心大滝」(2011.12.18)
横岳「裏同心ルンゼ」〜ジョウゴ沢「乙女の滝、ナイアガラの滝、右俣大滝」(2010.12.5-6)
横岳「大同心大滝」、「三叉峰ルンゼ」(2010.12.11-12)
横岳「三叉峰ルンゼ」(2017.12.2-3)
横岳「中山尾根」(2010.3.28)
横岳「日ノ岳稜」(2014.1.4)
横岳「無名峰ルンゼ」(2015.12.29)
ジョウゴ沢「幻の氷柱」(2011.12.17)
ジョウゴ沢「左ルンゼ」(2013.12.26)
峰ノ松目沢(2012.12.16)
旭岳「東稜」(2009.1.18)
地獄谷 上ノ権現沢(2015.12.19-20)
権現岳「権現沢右俣 三ツ滝ルンゼ」(2017.1.7)
稲子岳「南壁左カンテ」(2014.11.22-23)
春日渓谷(2015.12.26)


【その他エリア】

西上州 荒船山艫岩「昇天の氷柱」(2011.2.13)
西上州 相沢「子犬殺しの滝」(2012.2.25)
大谷不動 「不動裏」「本流2ノ滝」「右側壁ルート」(2011.2.5-6)
御坂 三ツ峠山「四十八滝沢」(2018.1.13)






沢のぼり


【北アルプス】

黒部川「赤木沢」(2013.8.16-18)(パーティー)


【南アルプス】

釜無川水系 尾白川「黄蓮谷右俣」(2016.7.30-31)


【中央アルプス】

天竜川水系 大田切川中御所谷「西横川」(2014.9.13)


【上越・越後】

魚野川水系 万太郎谷「本谷」(2010.9.5-6)
魚野川水系 万太郎谷「井戸小屋沢右俣」(2015.8.16)
魚野川水系 仙ノ倉谷「西ゼン」(2012.8.26)
魚野川水系 登川「米子沢」(2012.9.1)
魚野川水系 大源太川「北沢本谷」(2016.7.23)
利根川水系 谷川「ヒツゴー沢」(2013.8.4)
利根川水系 谷川「鷹ノ巣C沢」(2016.8.7)
利根川水系 湯檜曽川「本谷」(2013.8.10-11)
利根川水系 湯檜曽川 東黒沢「白毛門沢」(2010.8.29)
利根川水系 湯檜曽川「ゼニイレ沢」(2016.7.1)
利根川水系 湯檜曽川「白樺沢ケサ丸沢右俣」(2014.9.6)
利根川水系 楢俣川「前深沢遡行〜狩小屋沢下降」(2015.7.25-26)
利根川水系「東黒沢〜ナルミズ沢」(2016.10.15-16)


【奥秩父・大菩薩・御坂】

笛吹川水系 東沢「釜ノ沢東俣」(2010.9.11-12)
笛吹川水系 東沢「鶏冠谷右俣」(2015.6.27)
笛吹川水系 東沢「鶏冠谷左俣」(2016.5.21)
笛吹川水系「ヌク沢左俣右沢」(2015.6.13)
笛吹川水系 芦川「濁沢」(2013.8.31)
多摩川水系 一之瀬川「竜喰谷」(2011.7.10)
多摩川水系 一之瀬川「大常木谷」(2012.8.13)
多摩川水系 滑瀞谷「小常木谷」(2014.5.17)
多摩川水系 滑瀞谷「火打石谷」(2015.5.23)
多摩川水系 泉水谷「小室川谷遡行〜大黒茂谷下降)」(2013.6.29-30)
荒川水系 滝川「滝川本谷〜古礼沢」(2013.7.6-7)
荒川水系 滝川「豆焼沢」(2016.5.8)
相模川水系 葛野川「深入沢」(2013.8.24)
相模川水系 桂川「大幡川四十八滝沢」(2016.5.15)
相模川水系 笹子川「大鹿川平ツ沢(ズミ沢)」(2018.5.20)


【奥多摩・丹沢】

奥多摩 南秋川水系「軍刀利沢」(2012.7.22)(パーティー)
奥多摩 多摩川水系 日原川「巳ノ戸谷」(2017.6.25)
奥多摩 多摩川水系 大丹波川「真名井沢」(2019.5.3)
奥多摩 川苔谷「逆川」(2018.6.3)
東丹沢 谷太郎川「鳥屋待沢」(2013.5.12)
東丹沢 早戸川「本間沢」(2016.5.2)
表丹沢 水無川「セドノ沢右俣(大滝上まで)〜中尾根下降〜左俣」(2013.5.18)
表丹沢 水無川「本谷」(2016.5.14)
表丹沢 四十八瀬川、水無川「勘七ノ沢遡行〜モミソ沢下降〜源次郎沢遡行〜小草平ノ沢下降」(2014.5.10)
表丹沢「葛葉川本谷」(2017.4.30)
西丹沢 玄倉川「小川谷廊下」(2013.7.13)
西丹沢 玄倉川「檜洞」(2015.5.10)
西丹沢 中川川「白石沢モロクボ沢」(2014.7.26)
西丹沢 中川川「大滝沢マスキ嵐沢」(2014.8.3)


【その他エリア】

尾瀬 片品川水系 根羽沢「大薙沢(左俣遡行〜右俣下降)」(2013.6.9)
奥日光 鬼怒川水系 大谷川「柳沢川(右俣遡行〜左俣下降)」(2013.6.16)
奥日光 泙川三俣沢「大岩沢」(2018.5.26-27)
奥鬼怒 鬼怒川「魚沢遡行〜赤岩沢下降」(2013.6.22-23)
那須 那珂川水系 苦土川「井戸沢〜峠沢」(2014.8.24)
那須 那珂川水系 苦土川「大沢右俣」(2017.6.18)
甲子山 阿武隈川水系「白水沢左俣左沢」(2015.7.11)
甲子山 阿武隈川水系「南沢」(2017.6.11)
八幡平 葛根田川「北ノ又沢」(2015.6.20-21)
吾妻連峰 阿武隈川水系「前川大滝沢」(2015.7.5)
安達太良山 阿武隈川水系「石筵川」(2015.7.12)
碓氷川水系 霧積川「墓場尻川」(2016.5.5)






夏山登山


【北アルプス】

裏銀座〜西穂高岳(2008.8.3-6)
槍ヶ岳「北鎌尾根」(2008.9.13-15)


【南アルプス】

北岳(2017.11.4-5)
鳳凰三山(2009.8.22-23)


【その他エリア】

奥多摩 雲取山(2012.5.12-13)
奥秩父 乾徳山(2012.5.19)(パーティー)
尾瀬 燧ヶ岳(2012.6.23-24)(パーティー)
丹沢 大山(2016.10.2)






冬山登山


【北アルプス】

槍ヶ岳「横尾尾根」(2008.12.28-31)
燕岳(2012.11.24-25)(パーティー)

【南アルプス】

北岳(2011.12.30-1.1)

【八ヶ岳】

赤岳(パーティー)(2012.12.1-2)


【その他エリア】

富士山(2008.11.22-23)









ペツルシャルレ(PETZLcharlet) ノミック U21 3ペツルシャルレ(PETZLcharlet) ノミック U21 3
()
PETZLcharlet(ペツルシャルレ)

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

2019.5.3 奥多摩 大丹波川「真名井沢」

2019.5.3 奥多摩 大丹波川「真名井沢」
1級 / III
日帰り 沢のぼり(ソロ)


約1年ぶりのバリエーション。


----------


怪我も病気もしていませんが、1年ぶりのバリエーション。
ほぼジムクライマーとなっていました。

GWの中央道渋滞につかまり急遽予定を変更。
コンビニでトポをぺらぺらめくり、名前を見たことがあった半日行程の真名井沢に。
お昼ごろ入山。


林道真名井線が真名井沢を渡るところに車をおいて入渓。


DSC06788.jpg


DSC06792.jpg



わさび田をみながら沢に入っていく。


DSC06796.jpg



下部は現役のわさび田ですが、だんだんと元わさび田になる。


DSC06803.jpg



そしてちらほら小滝。


DSC06808.jpg



二俣を左に


DSC06814.jpg



魚どめのたき6mは水流のすぐ右を登る。
リーチがあるかないかで大変さが変わりそう。


DSC06815.jpg



新緑が綺麗です。


DSC06818.jpg



これはたしか濡れたくないので左から小さく巻いた。


DSC06821.jpg



大した滝はありません。トポのどの滝かよくわからない。


DSC06823.jpg



これは流木を利用して登る。


DSC06824.jpg


DSC06827.jpg


DSC06829.jpg


DSC06832.jpg



900m付近で右岸のピンクテープのある植林の小尾根をあがると藪こぎがない。


DSC06834.jpg



1147mピークの海老小屋山。東京350山という。
350もあったら代官山とかも入りそう。
コーヒーと柏餅で休憩。


DSC06839.jpg



赤杭尾根のかなり上部まで車道が延びています。
途中尾根をショートカットしたりしながら下山。


DSC06841.jpg





オススメ度 ★★☆☆☆

大きな滝はなく、小滝も巻きやすいので初級者むき。
沢登りとしては物足りないですが、それでも誰もいない静かな山行はよいものです。




参考タイム 駐車スペース(1時間)二俣下降点(1時間40分)海老小屋山(1時間45分)駐車スペース
装備 日帰り装備一式、ソロイスト(使用せず)、カム・ナッツ・ハーケン少々(使用せず)、10mm/50mロープ(使用せず)
参考 東京起点沢登りルート120








テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

2018.6.3 奥多摩 川苔谷「逆川」

2018.6.3 奥多摩 川苔谷「逆川」
1級上 / III
日帰り 沢のぼり(ソロ)


沢から奥多摩駅のブリューパブへの縦走路。


----------


前から気になっていた、奥多摩のブリューパブ(醸造所併設のビアバー)へ行こうと、
奥多摩駅に降りれる沢を探して、川乗山の逆川に決定。
逆川の辺りは車を止められないそうなので、ちょうどいい。


ホリデー快速で座れずに奥多摩駅へ。ハイシーズンなので、駅は登山者でいっぱい。
増発便もでて、ぎゅうぎゅう詰めの東日原行きバスでまた15分ほどゆられ川乗橋バス停まで。
ここまででだいぶ疲れました。

川乗橋は川苔山への登山口でもあります。


DSC06606.jpg



舗装道路を30分弱あるいて、逆川の対岸あたりの小尾根を降ります。
踏み跡あり。


DSC06611.jpg



踏み跡が下流方向に伸びていたのでそれに従って降りると、
下方に不思議な渓相が見えてくる。


DSC06612.jpg



本流に降り立ったら、少しだけ上流方向に進みます。


DSC06613.jpg



逆川出合。支度をします。


DSC06616.jpg



ちょっと歩いて2段10m滝。


DSC06622.jpg



上段はちょっといやらしい。


DSC06624.jpg


DSC06628.jpg


DSC06634.jpg


DSC06647.jpg


DSC06651.jpg



釜のあるところも多いですが、へつるか歩くかでとりつけます。


DSC06652.jpg


DSC06655.jpg



2mくらいの小滝が多くてちょいめんどくさい。


DSC06669.jpg



右から枝沢。


DSC06671.jpg



3段ナメ滝。上段はつっぱりで登る。楽しいところ。


DSC06677.jpg


DSC06679.jpg


DSC06680.jpg



ウスバ林道下の10m滝。右から。


DSC06682.jpg



ウスバ林道にでました。ここからエスケープも可。


DSC06687.jpg


DSC06685.jpg



快適。


DSC06693.jpg



左俣に進んで、最後の25m滝。そんな大きくなく感じます。
右から快適に登れます。


DSC06697.jpg



中間のテラスに残置支点あり。


DSC06699.jpg



あとは山頂目指してつめるだけ。
沢筋は落ち葉ラッセルになってきたので小尾根に上がる。快適なつめ。


DSC06707.jpg



どんぴしゃで山頂に。休憩している人のすきまにひょっこりはん。


DSC06708.jpg



帰りは、鳩ノ巣駅に降りて行く登山者と別れ、人気のないほにた山方面へ。
コルに下って登り返しがあるので人気がないのでしょう。


ほにた山付近で、花粉症の東京都民には恐ろしくなるであろう景色がありました。
東京に狙いを定める杉の軍団。


DSC06718.jpg



ざらざらですっころんだりしつつ、意外と早く奥多摩駅に降りてこられました。
不思議な工場。


DSC06724.jpg


ここからが本日の目的で、VERTEREという、民家を改装した感じのブリューパブに。
落ち着いたつくりで、登山者で賑わっています。お庭でセッションIPAとレッドIPAをいただきました。
夕方になると暑くも落ち着き、最高の雰囲気でした。


とはいえ、同じ奥多摩駅では、名前忘れましたが、餃子屋さんにかなわない感じ。
今度はそっちだな。




オススメ度 ★★★☆☆

これぞ1級上 / IIIって感じの沢。初級者にはおすすめです。
真夏は下山が暑いかもしれません。水はすでにぬるいので問題なし。




参考タイム 川乗橋バス停(25分)下降点(10分)逆川出合(2時間)ウスバ林道(20分)二俣(15分)左俣大滝上(45分)川乗山山頂(本仁田山経由・2時間半)奥多摩駅
装備 日帰り装備一式、ソロイスト(使用せず)、カム・ナッツ・ハーケン少々(使用せず)、10mm/50mロープ(使用せず)
参考 東京起点沢登りルート120








テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

2018.5.26-27 奥日光 泙川三俣沢「大岩沢」

2018.5.26-27 奥日光 泙川三俣沢「大岩沢」
2級 / IIIくらい
テント泊 沢のぼり(ソロ)


稜線に登山道のない山は、
鳥やら、猿やら、鹿やら、イワナやらのわくわく動物ランド。


----------


今週は寝坊を前提として、1日半の行程にしました。
関越道を沼田ICまで、沼田から観光地感の激しい120号を尾瀬方面へ進み、
途中で平川方面へ曲がると一気に山間の静かな土地に。

田植えの終わった田んぼを眺めながらゆったり林道を進んで、
家2、3軒しかない奈良の集落を越えると林道ゲート。
ゲートからは真新しい舗装の林道を自転車で進みます。


DSC06493.jpg



林道はすぐに舗装がなくなり、アップダウンもあり、自転車にのったりおりたりしながら進む。
落石も多く、あまり快適には進めません。
途中、おさるに出くわすと、キーキー言いながら逃げていく。なにもそんなに慌てなくても。


DSC06503.jpg



汗だくになったころ、道はさらに崩壊が激しくなり、林道終点のやや手前で自転車を置いていく。
それでも歩くよりは1時間ほど早く林道終点に到着。

林道終点からは、急斜面のトラバースになっている細い踏み跡を進みます。
結構いやらしい崩壊地があって、神経を使う。



林道終点から1時間ほどで広河原。このあたりは森の中にいくらでもテント適地があります。


DSC06504.jpg


DSC06506.jpg



ス沢の崩壊しかけた堰堤は、ラピュタのごとく森の中に溶け込んでいます。


DSC06509.jpg



広河原からは魚影の濃い平凡な河原を進みます。
釣りをしたいなら広河原でテントを張って、三俣までの間で釣ると良いでしょう。



DSC06514.jpg



前小屋沢


DSC06516.jpg



すると突然、涸滝。地形図でみるとあきらかにこの先に続いているはず。
涸滝の左の斜面からは水が湧き出していました。涸滝を登って進みます。


DSC06520.jpg



涸滝をこえるとちょっとしたゴルジュ状のおもしろいところでした。
すぐに出口のチムニー涸滝。
いつからたまっているんだろうという感じの水にダイブし、直登。快適に登れます。


DSC06526.jpg


DSC06531.jpg



釣りをしたりなんなりしながらゆっくり進んでいたら17時になり、
1270mの、三俣直前S字カーブの所で砂の平坦地があったので、テントを張りました。
広河原からここまでは、沢床から一段上のテント適地がそこら中にありましたが、
ここから先はしばらくテント適地がありませんでした。ナイス勘。


DSC06535.jpg



暗くなる前にちょっと竿を出すと、テント場の目の前でイワナ2匹ほど釣れました。リリース。


DSC06533.jpg



夜、目が覚めるとあたりが明るく、テントから顔を出すと月が昇っていた。
谷底を照らし、非常に幻想的な風景。



翌朝、顔を洗って、眠気が残る中、テクテク歩きだす。
昨日のイワナが逃げていく。


DSC06542.jpg



テント場にしたS字カーブからすぐ三俣。
まず右から岩を割った三左右衛門沢。そのすぐ上で右から宿堂沢。
大岩沢も滝で始まります。朝一ではちょっとふらつく。
滑りそうでなんとか滑らない。良くはない滝。


DSC06550.jpg



その上は小滝をかけながら快適に進めます。


DSC06553.jpg


DSC06558.jpg



DSC06560.jpg



20m滝。水流中にホールドあり登れますが、ひやっとしました。
寒くて。IIIくらい。


DSC06564.jpg



多段30m滝は右から。ここは快適。III-くらい。


DSC06565.jpg



新緑の下に小滝が続いて小気味よい。


DSC06568.jpg



と思ったらガレガレ。


DSC06569.jpg



二俣は左へ。


DSC06574.jpg


DSC06576.jpg



小滝をいくつかこえ、奥の二俣を左に入っていくと、源頭の様相。


DSC06583.jpg



ツメもほとんど労せず、低い笹に覆われた、ニグラ尾根のコルに到着。


DSC06586.jpg



下降は林道終点までニグラ尾根を下りました。うっすら踏み跡ありますが、所々薄く、地図読みは必須。
間違った尾根をくだらないよう、忠実にニグラ尾根をたどるよう気をつけます。


DSC06593.jpg



登山道がひかれてもおかしくないくらいの気持ちいい尾根で、
危ない部分も無く、のんびり下れました。
鳥やら虫やらがやたらうるさい。鹿や猿も見ました。


DSC06597.jpg


DSC06599.jpg



良いお土産も手に入れました。金運があがるそう。


DSC_0015.jpg


こいつをザックにくくりつけて真田幸村状態で自転車で林道を帰ると、
行きのときよりも猿が騒いでいた気が・・・。



立ち寄り温泉はいつか来たような気がする花咲の湯。天ざるも食べる。
120号ではなく川場経由で沼田ICに行く道から帰ると、
ほとんど車がいなくて、ビュンビュン系。






オススメ度 ★★★☆☆

人気がなくて、動物の山でした。
日帰りも可能です。日光側から尾根を越えて入るパターンもあるらしい。
大岩沢部分は短いですが、途中ゆっくり泊まって、釣りも込みで考えると満足度高いです。



参考タイム
林道ゲート(1時間40分)林道終点(1時間)広河原(釣りながら2時間)1270m付近テント場
1270m付近テント場(15分)大岩沢出合(2時間)二グラ尾根(2時間30分)林道終点(1時間30分)林道ゲート
装備 テント泊装備一式、8mm/30mロープ(使用せず)
参考 東北・上信越・日本アルプス 沢登り銘渓62選








テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

2018.5.20 大菩薩 笹子川「大鹿川平ツ沢(ズミ沢)」

2018.5.20 大菩薩 笹子川「大鹿川平ツ沢(ズミ沢)」
1級 / II(体感III以上)
日帰り 沢のぼり(ソロ)


寝坊からのリカバリー。


----------


気持ちいい朝だなあと思いつつ、起きたら11時。
こんな気持ちの良い日に家でごろごろするのもなんなので、
昼からでも行けるところを探します。

大鹿川平ツ沢(ズミ沢)は大月ICから近いようですし、
近くに登山道もあってエスケープ容易ということで、ここに決める。


地理院地図よりも林道が延びています。
道証地蔵という登山口の手前の駐車スペースからスタート。


DSC06438.jpg


DSC06439.jpg



登山道が沢を渡る所ですぐに入渓。平凡な里山の沢といった感じ。


DSC06442.jpg



両サイドには地質的に興味深い岩が。3000万年前の海から上がってきた泥岩らしい。
沢の砂の上にはきらきらと金色の粒が見えますが、
砂金ではなく、雲母か、通称「愚者の金」黄鉄鋼でしょう。


DSC06445.jpg



ちびっこゴルジュになっています。


DSC06450.jpg


倒木からナニカシラがはえてる。

DSC06455.jpg


DSC06458.jpg


DSC06459.jpg


DSC06461.jpg


DSC06467.jpg



きれいな滝が見えてきました。結構大きい。


DSC06470.jpg



濡れているところはヌメヌメのフリクションゼロなので、
おのずと乾いた所から登る。が、結構わるく、どう考えてもIIではない。
事故多発というのもうなずける感じ。


DSC06475.jpg



滝の上段。右の乾いた岩を登るしかなし。


DSC06477.jpg



この滝の下では、大勢の登山者が休んでいて、丸見え。
落ちたら大騒ぎになるので、もっとも緊張するところ。
水流左端を恐ろしく丁寧に登る。


DSC06480.jpg



気づくとだいぶ岩質が変わって、スラブ登場。登れませんでした。
後で地質図Naviを見てみると、花崗閃緑岩エリアに入った模様。


DSC06481.jpg



驚くほど綺麗なナメになって終了。


DSC06483.jpg



ここで左の斜面を数十歩で登山道に出ます。


DSC06486.jpg



こんなに近くを通っている。


DSC06487.jpg



ここは沢よりも登山道を、大月市秀麗富嶽十二景だとかいう滝子山まで登った方がよさそう。
もう1時間早く家をでれてたら山頂まで行きたかった。


DSC06491.jpg




オススメ度 ★★☆☆☆

沢のすぐ近くに登山道が平行しているので、だんだん何をやっているのかわからなってくるルート。
滝は結構悪いので安易に登らないように注意。
事故多発だそうです。



参考タイム 道証地蔵登山口(2時間)ナメ終わり(45分)道証地蔵
装備 日帰り装備一式、ソロイスト(使用せず)、8mm/30mロープ(使用せず)
参考 東京起点沢登りルート120








テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

のら

Author:のら
 
のらクライマー。

登山歴たぶん10年目、
のら歴も同じく。

無所属のらクライマー。
あいかわらずビレイはできません。

普段はPUMP2のボルダーエリアで練習しています。
外のボルダーやショートルートは登ったことがありません。


山行記録一覧はこちらをクリック

twitter(更新情報のみ)
 

最新記事
カテゴリ