山行記録一覧

クリックすると山行記録を見ることができます。
敗退の記録はこちらから。

すべて単独です。
今後、過去の山行記録も含め随時更新していきます。







クライミング(夏)


【北アルプス】

錫杖岳「1ルンゼダイレクト」(2011.10.28)
錫杖岳「見張り塔からずっと」(本峰フェースまで)(2011.10.29)
錫杖岳「注文の多い料理店」(2011.11.5)
錫杖岳「左方カンテ」
北穂高岳 滝谷「第4尾根」(2016.8.12-14)
前穂高岳 北尾根4峰正面壁「北条=新村ルート」(2011.7.17-19)


【南アルプス】

北岳 バットレス「ピラミッドフェース〜第4尾根」(2009.9.19-21)
北岳 バットレス「下部フランケ〜第4尾根」(2010.7.17-19)


【谷川岳】

一ノ倉沢 烏帽子沢奥壁「凹状岩壁」(2010.9.18)
一ノ倉沢 烏帽子沢奥壁「中央カンテ」(2010.9.26)
一ノ倉沢 烏帽子沢奥壁「変形チムニー」(2010.10.2)
一ノ倉沢 烏帽子沢奥壁「南稜」
一ノ倉沢 衝立岩「中央稜」
幽ノ沢 V字状岩壁「右ルート」(2013.5.25)
幽ノ沢 左俣「中央ルンゼ」(2013.6.1)
マチガ沢 「本谷〜東南稜」(2013.9.29)


【八ヶ岳】

横岳 大同心正面壁「雲稜ルート」(2009.9.26)
阿弥陀岳「南稜」(2016.11.20)


【その他エリア】

秩父 二子山「中央稜」(2009.5.23)






クライミング(冬)


【北アルプス】

北穂高岳「東稜」・前穂高岳「北尾根」(2009.5.2-5)
錫杖岳「3ルンゼ」(2011.3.5-6)
鹿島槍ヶ岳「東尾根」(2011.5.5-7)
白馬岳「主稜」(2014.4.27)


【南アルプス】

甲斐駒ヶ岳「黄蓮谷右俣」(2010.12.18-20)
甲斐駒ヶ岳「黄蓮谷左俣」(2011.1.18-20)
甲斐駒ヶ岳「坊主ノ沢」(2012.12.27-29)
甲斐駒ヶ岳「篠沢七丈瀑」(2014.1.11-12)
甲斐駒ヶ岳「駒津沢」「奥駒津沢」(2014.1.25-26)
甲斐駒ヶ岳 尾白川下流域「刃渡り沢」(2014.1.19)
大仙丈ヶ岳 三峰川「岳沢」(2017.12.29-31)


【谷川岳】

一ノ倉沢 一ノ沢右壁「左方ルンゼ」(2011.2.20)


【八ヶ岳】

赤岳「主稜」(2010.4.3)
赤岳「天狗尾根」(2016.4.16)
「南沢大滝(下部だけ)」(2016.12.28)
阿弥陀岳「北西稜」、南沢小滝(2012.12.20-21)
阿弥陀岳「広河原沢左俣」(2013.12.23)
阿弥陀岳「広河原沢左俣、右側壁の氷柱」(2017.1.3)
阿弥陀岳「広河原沢3ルンゼ」(2016.12.25)
横岳「小同心クラック」
横岳「裏同心ルンゼ」(2011.12.11)
横岳「裏同心ルンゼ」(2014.12.27)
横岳「裏同心ルンゼ」〜「ジョウゴ沢」(2016.12.17-18)
横岳「裏同心ルンゼ」「ジョウゴ沢」(2017.11.25-26)
横岳「裏同心ルンゼ〜大同心大滝」(2011.12.18)
横岳「裏同心ルンゼ」〜ジョウゴ沢「乙女の滝、ナイアガラの滝、右俣大滝」(2010.12.5-6)
横岳「大同心大滝」、「三叉峰ルンゼ」(2010.12.11-12)
横岳「三叉峰ルンゼ」(2017.12.2-3)
横岳「中山尾根」(2010.3.28)
横岳「日ノ岳稜」(2014.1.4)
横岳「無名峰ルンゼ」(2015.12.29)
ジョウゴ沢「幻の氷柱」(2011.12.17)
ジョウゴ沢「左ルンゼ」(2013.12.26)
峰ノ松目沢(2012.12.16)
峰ノ松目南西沢(2020.12.27)
旭岳「東稜」(2009.1.18)
地獄谷 上ノ権現沢(2015.12.19-20)
権現岳「権現沢右俣 三ツ滝ルンゼ」(2017.1.7)
稲子岳「南壁左カンテ」(2014.11.22-23)
春日渓谷(2015.12.26)


【その他エリア】

西上州 荒船山艫岩「昇天の氷柱」(2011.2.13)
西上州 相沢「子犬殺しの滝」(2012.2.25)
大谷不動 「不動裏」「本流2ノ滝」「右側壁ルート」(2011.2.5-6)
御坂 三ツ峠山「四十八滝沢」(2018.1.13)
荒川出合 「3ルンゼ右のナメ滝」






沢のぼり


【南アルプス】

釜無川水系 尾白川「黄蓮谷右俣」(2016.7.30-31)
釜無川水系 尾白川鞍掛沢「乗越沢」(2019.8.17)

【中央アルプス】

天竜川水系 大田切川中御所谷「西横川」(2014.9.13)


【上越・越後】

魚野川水系 万太郎谷「本谷」(2010.9.5-6)
魚野川水系 万太郎谷「井戸小屋沢右俣」(2015.8.16)
魚野川水系 仙ノ倉谷「西ゼン」(2012.8.26)
魚野川水系 登川「米子沢」(2012.9.1)
魚野川水系 大源太川「北沢本谷」(2016.7.23)
利根川水系 谷川「ヒツゴー沢」(2013.8.4)
利根川水系 谷川「鷹ノ巣C沢」(2016.8.7)
利根川水系 湯檜曽川「本谷」(2013.8.10-11)
利根川水系 湯檜曽川 東黒沢「白毛門沢」(2010.8.29)
利根川水系 湯檜曽川「ゼニイレ沢」(2016.7.1)
利根川水系 湯檜曽川「白樺沢ケサ丸沢右俣」(2014.9.6)
利根川水系 楢俣川「前深沢遡行〜狩小屋沢下降」(2015.7.25-26)
利根川水系「東黒沢〜ナルミズ沢」(2016.10.15-16)


【奥秩父・大菩薩・御坂】

笛吹川水系 東沢「釜ノ沢東俣」(2010.9.11-12)
笛吹川水系 東沢「鶏冠谷右俣」(2015.6.27)
笛吹川水系 東沢「鶏冠谷左俣」(2016.5.21)
笛吹川水系「ヌク沢左俣右沢」(2015.6.13)
笛吹川水系 久渡沢「ナメラ沢」(2021.7.18) 
笛吹川水系 芦川「濁沢」(2013.8.31)
多摩川水系 一之瀬川「竜喰谷」(2011.7.10)
多摩川水系 一之瀬川「大常木谷」(2012.8.13)
多摩川水系 滑瀞谷「小常木谷」(2014.5.17)
多摩川水系 滑瀞谷「火打石谷」(2015.5.23)
多摩川水系 泉水谷「小室川谷遡行〜大黒茂谷下降)」(2013.6.29-30)
荒川水系 滝川「滝川本谷〜古礼沢」(2013.7.6-7)
荒川水系 滝川「豆焼沢」(2016.5.8)
相模川水系 葛野川「深入沢」(2013.8.24)
相模川水系 桂川「大幡川四十八滝沢」(2016.5.15)
桂川水系葛野川 土室川「シンケイタキ沢(深渓滝沢)」(2020.8.1)
相模川水系 笹子川「大鹿川平ツ沢(ズミ沢)」(2018.5.20)


【奥多摩・丹沢】

奥多摩 「水根沢」
奥多摩 「軍刀利沢」
奥多摩 多摩川水系 日原川「巳ノ戸谷」(2017.6.25)
奥多摩 多摩川水系 大丹波川「真名井沢」(2019.5.3)
奥多摩 川苔谷「逆川」(2018.6.3)
東丹沢 谷太郎川「鳥屋待沢」(2013.5.12)
東丹沢 早戸川「本間沢」(2016.5.2)
表丹沢 水無川「セドノ沢右俣(大滝上まで)〜中尾根下降〜左俣」(2013.5.18)
表丹沢 水無川「本谷」(2016.5.14)
表丹沢 四十八瀬川、水無川「勘七ノ沢遡行〜モミソ沢下降〜源次郎沢遡行〜小草平ノ沢下降」(2014.5.10)
表丹沢「葛葉川本谷」(2017.4.30)
西丹沢 玄倉川「小川谷廊下」(2013.7.13)
西丹沢 玄倉川「檜洞」(2015.5.10)
西丹沢 中川川「白石沢モロクボ沢」(2014.7.26)
西丹沢 中川川「大滝沢マスキ嵐沢」(2014.8.3)
西丹沢 世附川「沖ビリ沢」(2020.6.20)


【その他エリア】

尾瀬 片品川水系 根羽沢「大薙沢(左俣遡行〜右俣下降)」(2013.6.9)
奥日光 鬼怒川水系 大谷川「柳沢川(右俣遡行〜左俣下降)」(2013.6.16)
奥日光 泙川三俣沢「大岩沢」(2018.5.26-27)
奥鬼怒 鬼怒川「魚沢遡行〜赤岩沢下降」(2013.6.22-23)
那須 那珂川水系 苦土川「井戸沢〜峠沢」(2014.8.24)
那須 那珂川水系 苦土川「大沢右俣」(2017.6.18)
甲子山 阿武隈川水系「白水沢左俣左沢」(2015.7.11)
甲子山 阿武隈川水系「南沢」(2017.6.11)
八幡平 葛根田川「北ノ又沢」(2015.6.20-21)
吾妻連峰 阿武隈川水系「前川大滝沢」(2015.7.5)
安達太良山 阿武隈川水系「石筵川」(2015.7.12)
碓氷川水系 霧積川「墓場尻川」(2016.5.5)






夏山登山


【北アルプス】

裏銀座〜西穂高岳(2008.8.3-6)
槍ヶ岳「北鎌尾根」(2008.9.13-15)


【南アルプス】

北岳(2017.11.4-5)
鳳凰三山(2009.8.22-23)


【その他エリア】

丹沢 大山(2016.10.2)






冬山登山


【北アルプス】

槍ヶ岳「横尾尾根」(2008.12.28-31)

【南アルプス】

北岳(2011.12.30-1.1)

【八ヶ岳】

天狗岳(2019.11.30)
編笠山〜西岳(2020.11.28)

【その他エリア】

富士山(2008.11.22-23)









ペツルシャルレ(PETZLcharlet) ノミック U21 3ペツルシャルレ(PETZLcharlet) ノミック U21 3
()
PETZLcharlet(ペツルシャルレ)

商品詳細を見る



スポンサーサイト



テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

2022.1.8 八ヶ岳 広河原沢右俣中流域

2022.1.8 八ヶ岳 広河原沢右俣中流域
IV〜IV+くらい
日帰り アイスクライミング(ソロ)


武藤返しの沢で練習。
クリスマスルンゼは先行パーティがいたため、見ただけ。


----------


もはや年1回以下になりつつあるアイス。
ハイキング程度の登山はいくつか行っていましたが、バリエーションは久しぶり。
アイスを始めた時に行ったことがあるクリスマスルンゼに行くことにしました。


スタートは船山十字路の駐車スペース。遅く着いたため、すでに満員でした。
今年にしてはめずらしく暖かい中、豪快についたトレースをすいすい歩いて二俣へ。

DSC09326.jpg

DSC09330.jpg


テント場になっている二俣から右俣に入る。
しっかり雪がついていて踏まれているので、めちゃくちゃ歩きやすい。

DSC09331.jpg

DSC09336.jpg



中央稜とりつきをすぎてすぐに3ルンゼ方面と右俣本谷の分岐。
本谷は緩いナメで出合うとのことだけれど完全に雪で埋まっている。


DSC09337.jpg


3ルンゼは真っすぐ。

DSC09338.jpg



小滝の前でギアを装着。

DSC09339.jpg



すぐに右から武藤返しの沢が出合う。

DSC09340.jpg

DSC09342.jpg


一段あがると武藤返しの滝。水氷。
右から行くとIIIくらい。正面左半分は垂直近くてやや登りにくく、IV+くらい。
ここで少し練習するが思うように体が動かず、、、。


DSC09343.jpg



今回初めてノミック(旧モデル)を使ってみましたが、
ぶら下がるのがかなり楽。VI級とかでもない限りオーバースペック感は否めない。
というより道具で登れるようになってもあまりうれしくはない。

あと、ぺツルのアルミスクリューは水氷に入りにくい。



しばし練習してクリスマスルンゼへ移動してみることに。
本谷には2つ目の小滝。5人組の先行パーティがいました。
裏同心のF1くらい、III-〜III級。

DSC09341.jpg


すこし歩いてクリスマスルンゼ。
先行パーティが2組に分かれて登ろうとしていたので、ここを登るのは時間的に諦める。
一段上がって上を見物して降りて終わり。
上段は階段状に凍っていて、武藤返しより登りやすそう。IVからIV+級くらい。
南沢小滝くらい。

DSC09349.jpg



ほとんど登らなかったけど、今日は久々の雪山歩きができたので割と満足。

DSC09352.jpg



GPSがないので定かではないがたぶんこの辺です。

1_202201091155563ee.png

地理院地図より一部改変して引用。



参考タイム 船山十字路(50分)二俣(40分)1,2,3ルンゼ出合(30分)武藤返しの沢(15分)クリスマスルンゼ(1時間半)船山十字路
装備 日帰り装備一式、ソロイスト、10.2mm/50mロープ、スクリュー5本
参考 新版アイスクライミング全国版





テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

2021.8.11 片品川水系 中ノ岐沢「小淵沢」

2021.8.11 片品川水系 中ノ岐沢「小淵沢」
1級上 / III
日帰り 沢のぼり(ソロ)


あまり天気のよくない夏休みは、夏がくれば思い出す、はるかな尾瀬へ。
ナメ歩きの癒し系ということでしたが、それなりに滝もあり。


----------


関越道・沼田ICから一般道をひた走り、尾瀬入り口の大清水駐車場へ。
狭い第一駐車場は満車で、砂利の第二駐車場にとめる。1日500円。


DSC08998.jpg



尾瀬への道をすぐで分岐。右の奥鬼怒林道へ入ります。
車はもちろん、自転車も通行禁止とのこと。


DSC09000.jpg



途中、オモジロ沢の滝。

DSC09007.jpg



途中、日向タキ沢〜オモジロ沢あたりにはアサギマダラがたくさん飛んでいました。

帰ってからアサギマダラについて調べたところ、
アサギマダラはフェロモン分泌のため、ピロリジジンアルカロイドが必要で、それはヒヨドリバナに含まれているそう。
日当たりのよい林道沿いによく見られ、8〜10月に咲くという、ヒヨドリバナ(下の写真)がこの辺りにたくさん咲いていて、
だからここにアサギマダラがたくさんいた、という流れらしい。勉強になりますなあ。


DSC09012.jpg



1時間ほどいくと小淵沢出合。立派な橋が架かっています。
最初、ここから入渓かと思って沢に入ったのですが、堰堤がいくつもかかり、ついにはでかい堰堤で阻まれたので結局もどる。
結局小淵沢沿いの林道を1540mあたりの橋まであがる。


DSC09014.jpg



小淵沢にかかるこんな感じの小さい橋から入渓。
すでに小淵沢の半分を登ってしまっていることになる。


DSC09017.jpg



小さな沢で、すでに源流部の様相が。


DSC09018.jpg



すぐにナメが出てきます。楢俣川と同じ、茶色い尾瀬の岩質。


DSC09019.jpg


DSC09024.jpg


DSC09025.jpg


DSC09027.jpg



多段のナメ。なかなか綺麗です。


DSC09028.jpg


DSC09032.jpg



狭い沢ですが、ナメとナメ滝が交互に出てくる感じで飽きません。


DSC09033.jpg


DSC09037.jpg


DSC09040.jpg



すだれ6m滝。左端の水流と藪の境目から。笹を掴んで安心してのぼれたような。


DSC09042.jpg


DSC09046.jpg



とら焼き模様のナメ。


DSC09048.jpg



ここは確か右から。ちょうどIII級って感じです。


DSC09053.jpg


DSC09055.jpg


DSC09059.jpg


DSC09063.jpg


DSC09064.jpg



2段の滝。奥に上段が見えます。これもなかなか大きくて綺麗な滝。


DSC09067.jpg



上段の10mほどは水流左を。ここも笹を利用して登ったような。結構ぬめってます。


DSC09069.jpg


DSC09078.jpg


DSC09080.jpg



すだれ滝。水流右を。


DSC09081.jpg



最後は直滝。右の水流のあるクラック沿いを上がれそうですが、
中間のテラスの上がホールドあるかわからず、ぬるぬるそうだったので、あきらめて右から巻き。
無理はしない。


DSC09089.jpg



ここが登れそうです。テラスからは右の灌木に逃げることも可能。


DSC09086.jpg



最後の滝の上は緩やかな流れとなり、森の中を流れる。


DSC09095.jpg



トポ通り、ガレガレの小沢が1:2で右岸から来る所でそちらに入る。


DSC09096.jpg



沢は笹藪に消えますがそのまままっすぐ進むと数分で登山道にでます。


DSC09099.jpg



こんなとこから出てきた。


DSC09100.jpg



登山道を少し下ると小淵沢田代があるので是非よって行きましょう。


DSC09104.jpg



水がひたひたで、木道がほぼ水につかっています。沢装備くらいでちょうど良い。
綺麗な服でくるのはおすすめしません。だれもいなくて静かな尾瀬。


DSC09109.jpg



コーヒー休憩をして下山。
小淵沢沿いの登山道を降りますが、出だしが笹藪に埋もれていて、登山道というには少し厳しい。


DSC09112.jpg


DSC09113.jpg



慎重に進むと、次第にドロドロの道に変わり、入渓点の橋にでて、あとはひたすら林道歩き。





オススメ度 ★★★★☆

想像よりも綺麗で、まさにIII級という、ちょうどいい滝あり、湿原ありで満足度の高い沢でした。
ただ登り降りとも林道歩きが長く、沢が非常に短いのが難点。
尾瀬散策につなげるといいでしょう。


参考タイム 大清水駐車場(入渓点間違い込み1時間40分)小淵沢入渓点(1時間50分)登山道(5分)小淵沢田代(2時間15分)大清水駐車場 ※休憩時間含む
装備 日帰り装備一式、ソロイスト(使用せず)、ハーケン少々(使用せず)、8mm/30mロープ(使用せず)
参考 新版 東京起点 沢登りルート100







テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

2021.7.18 笛吹川水系 久渡沢「ナメラ沢」

2021.7.18 笛吹川水系 久渡沢「ナメラ沢」
1級 / II
日帰り 沢のぼり(ソロ)


また歩きの沢です。コロナなので。


----------


あまりにも天気が良いので久しぶりの山に行きました。
西沢渓谷近辺のナメラ沢、その名の通りナメがあるそうです。

勝沼ICから雁坂みちをトンネルまで。トンネルの直前に駐車場があり、ここまでは無料でこれます。


DSC08892.jpg



駐車場奥の登山口から林道を歩く。雁坂トンネル入り口の上を越えていきます。


DSC08894.jpg



30分ほどで橋が見えてくる。


DSC08896.jpg



登山道が沓切沢橋を渡ってすぐ登り始めるところから入渓。


DSC08898.jpg



はじめは沢を下って行きます。


DSC08899.jpg



始めの5mほどの小滝はロープが垂れていましたが、なんとなく懸垂でおりました。


DSC08900.jpg



久渡沢に出合ったら登ります。


DSC08901.jpg



ナメ。


DSC08908.jpg



堰堤のような滝は右側から登りました。


DSC08910.jpg


DSC08911.jpg


DSC08913.jpg



ナメ。


DSC08918.jpg


DSC08925.jpg



足下の岩になぞの人工物が打ってあります。


DSC08928.jpg


DSC08930.jpg



イノシシ?の骨もあり。


DSC08931.jpg


DSC08937.jpg



なんてことない沢ですが、これほど天気がいいとすばらしい。
花崗岩の白さもはえます。


DSC08938.jpg


DSC08946.jpg



1680m付近、二俣


DSC08948.jpg



二俣からみえる左俣は岩場になっています。


DSC08951.jpg



二俣から先は荒れているとガイド本には書いてありましたが、
むしろここからの方がすっきり岩盤がでていました。
隣の沢で標高も近いからか、なんとなくヌク沢の大滝あたりに岩が似ているような気がする。


DSC08954.jpg


DSC08957.jpg


DSC08960.jpg



だんだんと岩だらけになり、1900m付近、草付き斜面になったところで右岸尾根へ逃げる。


DSC08964.jpg


DSC08965.jpg



地形図を見ると20〜30mあがると傾斜がゆるくなりそうだったので、少し上がってからトラバース。


DSC08967.jpg



やぶこぎもなくすぐに尾根の踏み跡にでました。


DSC08970.jpg



あとは地形を見ながら尾根をひたすら下る。
途中踏み跡も無くなりますが、下草がなく見通しよいので地形図読めれば間違いません。


DSC08971.jpg



スタート地点にもどりました。
ちなみに、久渡沢の沓切沢橋のかかる沢の出合のすぐ下は、上から見たら大きめの滝がありました。


DSC08974.jpg



下降はこんな感じのルートで。1735m付近で踏み跡がきえるので地図読みが必須です。


1_2021071922043390e.png

(地理院地図vectorより引用し一部改変)




オススメ度 ★★★☆☆

下降を1900m付近から青笹尾根にとれば、同ルート下降なんていうだるさもなく、
歩きやすいのでガイド本で言うほど帰りの嫌な沢ではありません。
巻くような滝もなく、思ったよりも荒れていなかったので初心者の沢には良いでしょう。



参考タイム 駐車スペース(30分)沓切沢橋入渓点(2時間20分)1680m二俣(35分)1900m付近終了点(20分)青笹尾根上踏み跡(1時間30分)沓切沢橋(30分)駐車スペース
装備 日帰り装備一式、ソロイスト(使用せず)、ハーケン少々(使用せず)、8mm/30mロープ(懸垂で使用)
参考 東京起点沢登りルート120








テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

剱岳 線の記 平安時代の初登頂ミステリーに挑む

ファイル_000


 「剱岳 線の記 平安時代の初登頂ミステリーに挑む」
 髙橋大輔、朝日新聞出版、2020年


 首都圏のコロナによる外出自粛要請のため、氷のベストシーズンに行きたかった山に行くのをスキップして読書。基本的に単独行なので、コロナを広めるリスクは「おそらく」低いが、今はそれぞれがやれる限りで少しずつ、なるべく感染拡大防止に協力する時期かなと思う。みんなが生活を何も変えなければ、当然なにも状況は変わらないし、普段から社会に迷惑をかけて無駄なリスクを許してもらっているのだから、こういう時くらいは少し立ち止まって違うこと考えてみてもいいのではないかな。

 この本で描かれているファーストクライマーは、初めてだということはあまり気にせず、まずは登拝することが目的だったのではないかと思う。そしてその登拝で得られる生々しい感覚は現代ではもはや想定不能なものだろう。科学知識を得てしまって、道具が溢れてしまった今、いくら頭で理解したって、概念が生まれる前の世界に対する感覚を共有することはできない。GPSや地図なしで山を歩いて、地図がなかったころの人々と同じ感覚をえる、ということはできない。地図があることを知っていて、もし地図がなかったとしたら、と考えることと、地図という概念がそもそもないことは程度の問題ではなく、全く別の世界だ。知ってしまったあとはもう後戻りできない。この本ではそんな不可逆である「時間」という概念を含めたシステムの外を目指す冒険を試している。

 また、知識、情報と実世界はまた違った時間の流れを持っている。概念や知識は抽象化、記号化されて少なからず人づてに受け継がれていくが、一方で自然は再生し、崩壊し、変化して過去の痕跡を消していく。そんな中で、現代に残っている文献、遺跡と、すでに変わってしまったかつての山道とを、すりあわせていく著者の作業は、わかったようでいっこうにその溝を埋めれていない感じもする。



テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

のら

Author:のら
 
のらクライマー。

登山歴たぶん12年目、
のら歴も同じく。

無所属のらクライマー。
あいかわらずビレイはできません。

普段はクライミングジムのボルダーエリアで練習しています。
外のボルダーやショートルートは登ったことがありません。


山行記録一覧はこちらをクリック

twitter(更新情報のみ)
 

最新記事
カテゴリ