2014.9.6 利根川水系 湯檜曽川「白樺沢ケサ丸沢右俣」

2014.9.6 利根川水系 湯檜曽川「白樺沢ケサ丸沢右俣」
2級下 / IIIくらい
日帰り 沢のぼり(ソロ)


9月になり、残雪の心配も減ったころあいに、谷川連峰の沢へ。
馬蹄形の奥のほう、蓬峠へと突き上げる
湯檜曽川支流の白樺沢ケサ丸沢へいってきました。


----------


前夜、みなかみの道の駅で車中泊をし、あたりが賑やかになった頃に起床。
土合駅の少し上の白毛門登山口の駐車場に車を移動させて出発。

湯檜曽川沿いの新道を進みます。白樺沢出合までは湯檜曽川本谷と同じ行程。
この道は傾斜はありませんが、でこぼこしていて自転車不可。
マチガ沢の奥に谷川岳が見えます。


DSC02639.jpg



一ノ倉沢を横切る所の向いにはゼニイレ沢が見えます。
下部はハンパなくガレガレ。


DSC02640.jpg



武能沢を下降し、湯檜曽川へ。
ここまでに、湯檜曽川本谷へ行くとおぼしき荷物多めのパーティーを2つ見ました。
夕方から雨だってのに、増水危険地帯の沢に泊まりで入って大丈夫なのでしょうか?

さて、魚留めの滝はA0であがり、ゴルジュ沿いに進みます。


DSC02647.jpg



相変わらずなんとも綺麗な場所です。


DSC02657.jpg


DSC02659.jpg



白樺沢出合。小さな沢に見えます。


DSC02660.jpg



入るとすぐにナメ床の綺麗な沢に。


DSC02661.jpg



ミニゴルジュの先には滝が落ちていて難しそう。
右岸の壁を一段上がってトラバースして行きました。


DSC02664.jpg



再び開けたナメ。本谷に負けず劣らずのスケール感です。


DSC02668.jpg


DSC02669.jpg


DSC02670.jpg


DSC02671.jpg



雪が残っていたのはここだけ。奥に白樺沢の大滝が見えます。


DSC02673.jpg


DSC02674.jpg


DSC02677.jpg



でかい両門の滝。左が白樺沢、右がケサ丸沢。右の滝を越えて進みます。


DSC02679.jpg



するとすぐに25m滝。上部は急なので難しそう。


DSC02686.jpg


実は左がこんな感じになっていて巻けます。
高度感はありますが、難しくはありません。


DSC02688.jpg



大滝のすぐ上がそのまま50m大ナメになっています。
この写真をとった場所に立つまでが核心でスリップ要注意。


DSC02691.jpg



ここから先は沢が狭くなり、両側が樹林になりますが、
ナメ滝の連続で延々と滝を登り続けることになります。
地味にやっかいな滝もあったりで面白い。


DSC02695.jpg



この狭い滝は右岸を木登りで巻きました。


DSC02697.jpg


これはたしか左の乾いた所を。


DSC02698.jpg



3段大ナメ滝30mは右の乾いたとこを。


DSC02700.jpg


DSC02705.jpg


DSC02707.jpg


DSC02709.jpg


DSC02712.jpg


DSC02714.jpg



わかりにくいですが、写真右の落ち段上がったところに旧道らしき道が見えます。
ここからエスケープできますが、今回はそのまま稜線までつめます。


DSC02720.jpg



このあたり点々とトリカブトが生えています。
下の写真、もはやトリカブトというよりもトリ。

DSC02724.jpg


DSC02729.jpg



やぶこぎ寸前の沢を進む。


DSC02726.jpg



最後は開けてガレの登り。


DSC02731.jpg



笹のヤブこぎ20歩で稜線に出ました。


清水峠方面。


DSC02732.jpg



谷川岳方面。手前に見える池塘が蓬峠です。


DSC02735.jpg



蓬峠。


DSC02737.jpg



蓬峠からは登山道を湯檜曽川まで下ります。
天気よく、最高に気持ちのいい景色。


DSC02741.jpg



白樺尾根の白樺。


DSC02744.jpg



湯檜曽川沿いは本当にトカゲが多い。


DSC02756.jpg





オススメ度 ★★★★☆

綺麗な沢。ナメの沢かと思ったらナメ滝の沢でした。
滝の連続で意外と登攀的。それほど難しくはないですが、
スリップ等それなりに危険箇所はありますので、初級者だけのパーティーにはおすすめできません。
天気が良いときには稜線までつめることをおすすめします。
アプローチと下山は長いですが、いい山なので苦になりません。



参考タイム 白毛門登山口駐車場(1時間40分)湯檜曽川本谷入渓点(30分)湯檜曽川本谷の白樺沢出合(2時間15分)旧道(30分)稜線(3時間半)白毛門登山口駐車場
装備 日帰り装備一式、ソロイスト、8mm/30mロープ、薄刃ピトン少々、カム・ナッツ少々(以上すべて使用せず)
参考 東京起点沢登りルート120




ペツルシャルレ(PETZLcharlet) ノミック U21 3ペツルシャルレ(PETZLcharlet) ノミック U21 3
()
PETZLcharlet(ペツルシャルレ)

商品詳細を見る



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のら

Author:のら
 
のらクライマー。

登山歴たぶん10年目、
のら歴も同じく。

無所属のらクライマー。
あいかわらずビレイはできません。

いつもジムのボルダーで練習しています。
外のボルダーやショートルートは登ったことがありません。


最高グレード(ジム)はもう何年も更新されません・・・。
 ボルダー:2段、OS 1級
 ボルダー長もの:5.12b、OS 5.12a(年2,3本やるだけ)



山行記録一覧はこちらをクリック

twitter(更新情報のみ)
 

最新記事
カテゴリ