スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.11.22-23 八ヶ岳 稲子岳「南壁左カンテ」

2014.11.22-23 八ヶ岳 稲子岳「南壁左カンテ」
2級上 / III+くらい
テント泊 岩稜クライミング(ソロ)


本格的な冬シーズン前の足慣らしに・・・のつもりが、
あまりの雪のなさと暖かさで単なる岩登りでした。


----------


そろそろ冬シーズンということでアイゼントレ的に八ヶ岳の岩場へ。
一度忘れられ、最近またガイドさんたちの手によって復活しつつある、
稲子岳南壁の左カンテというお手軽ルートに行くことにしました。


中央道須玉ICから北上し、小海線沿いに進み、松原湖へ。
すでにお昼の時間でしたので、「八峰の湯」で天丼を食べました。
「八峰」は「ヤッホー」と読むそうです。綺麗でおすすめ。帰りにもよりました。


スタートは稲子湯の少し上のゲートから。
駐車スペースが10台分ほどあり、登山届けのポスト・用紙もあります。

DSC02918.jpg



静かで寂しげな森。でだしは雪はありませんでした。


DSC02921.jpg



歩くこと1時間半ほどで、みどり池の畔に立つしらびそ小屋到着。
雪は2、3cmほど。雪がないので水が作れませんが、水は小屋でもらえます。
池の向こうに天狗岳の稜線が見えます。


DSC02928.jpg



池の左に回り込むと、目指す稲子岳の岩場が見えます。
どうやら見るからに雪はほとんどついていず、夏同然の模様。


DSC02930.jpg



その日は日が落ちてもさほど寒くならず、静かな夜。
夜に地震があったそうですが、ここは、地震かな?という程度で影響はなし。

翌朝遅くに出発。中山峠に向かう道をしばし進む。
日本登山大系には南壁からの押し出しが近いのでそこから登ると早い、
みたいなことが書いてありますが、どこがそのポイントかまったくわからず。

結局2250m付近まで登り、この看板のとこから壁へトラバース。


DSC02950.jpg



途中のコル付近までは踏み跡っぽい道がありましたが、コルから先はよくわからず適当に。


DSC02934.jpg



樹林が濃くなったところから少し上に上がると、壁の基部に出ました。
基部は木もまばらで開けています。驚くほど雪がありません。
ここからは基部沿いに左カンテを目指します。


DSC02935.jpg



天狗岳、硫黄岳がよく見えます。


DSC02937.jpg



そうこうするうちに、ガレガレの広いルンゼが見えてきました。
その右のリッジが左カンテルートでしょう。完全に夏のコンディションですね。


DSC02938.jpg



この岩と赤いハーケンがとりつきの目印。
1P目の終了点は光り輝くボルトが2つ見えるとこまで。15mほど。III+くらい
某ガイドさんが整備したそうで、ビレイ点ややや難しめのとこはボルトが打たれています。
カムの入る溝は山ほどありますが、かなりの割合で岩が動くので慎重に。


DSC02939.jpg



2P目は取り付きから見えた岩を左から回り込んで凹状部を登る。
50m近くでチムニー下まで。IIIくらい


DSC02941.jpg



3P目はチムニー。


DSC02943.jpg



こんな感じです。出口は左に抜ける。III+くらい。


DSC02944.jpg



チムニー上は開けてガレガレの尾根歩き。40mほどでカンテの基部まで。


DSC02945.jpg



最終ピッチはカンテもそのまま登れるようですが、
今回は20mほど左に回り込んだ凹状部からカンテに上がります。
上部は傾斜がきつめで、岩はぼろいのでプロテクションも効きづらいですが、慎重に。
それでもせいぜいIII+くらい。20m。


DSC02946.jpg



すると唐突に終わります。雪も何もなく、結局夏の岩と全く同じでした。
アイゼンもアックスも取り出すことなく登山靴で登っただけ。


DSC02947.jpg



帰りは道を中山峠本面へ。コルからトラバースし、中山峠〜みどり池の登山道に合流。


DSC02948.jpg



こんな感じでうっすら踏み跡っぽい道。


DSC02949.jpg



帰りは、名前的に「ウソ沢温泉」にも惹かれましたが、
やはり再びヤッホーの湯にむかい、温泉に入った後、天ぷらせいろを食べる。



オススメ度 ★★★☆☆

真冬に来れば楽しいかもしれません。
八ヶ岳でいうと小同心クラックと同じくらいの難易度ですが、ぼろい壁なので要注意。
朝起きれる人なら十分日帰りで登れます。


参考タイム 
1日目:みどり池登山口ゲート前駐車スペース(1時間半)しらびそ小屋(テント泊)
2日目:しらびそ小屋(45分)2250mトラバース地点(1時間)取り付き(3時間)終了点(1時間15分)しらびそ小屋(1時間)駐車スペース
装備 テント泊装備一式、ソロイスト、10.2mm/50m 、ハーケン少々(使用せず)、カム少々、ナッツ少々
参考 日本登山大系(八ケ岳・奥秩父・中央アルプス)













関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のら

Author:のら
 
のらクライマー。

登山歴たぶん10年目、
のら歴も同じく。

無所属のらクライマー。
あいかわらずビレイはできません。

いつもジムのボルダーで練習しています。
外のボルダーやショートルートは登ったことがありません。


最高グレード(ジム)はもう何年も更新されません・・・。
 ボルダー:2段、OS 1級
 ボルダー長もの:5.12b、OS 5.12a(年2,3本やるだけ)



山行記録一覧はこちらをクリック

twitter(更新情報のみ)
 

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。