2015.7.25-26 奥利根 利根川水系 楢俣川「前深沢遡行〜狩小屋沢下降」

2015.7.25-26 奥利根 利根川水系 楢俣川「前深沢遡行〜狩小屋沢下降」
3級 / III+(前深沢)
テント泊 沢のぼり(ソロ)


今年は登ろうと思って登ってなかった沢を手当たり次第に登っていますが、
今回もその一本。至仏山に尾瀬ではない側から登ります。


----------



朝、自宅を出発し、楢俣林道のゲート手前で駐車。
ここはやたらと広く、いくらでも車がとめられそう。
左はオートキャンプ場への道で、向かうべきはゲートの向こうです。
ながーい林道をすこしでも時短しようと、折りたたみ自転車でスタートします。


DSC03854.jpg



でだしは100mほどの上り坂なので、灼熱の舗装道路を自転車をおして歩きますが、
その後は、下り坂となり、気持ちがいい。
そしてしばらくならまた湖畔の平坦な砂利道を気持ちよく進みます。


DSC03856.jpg



湖畔の砂利道はダム湖の終わりとともに細くなり、道は倒木などで荒れ出します。
さらにヘイズル沢出合の手前で道は崩壊していて、自転車はこのあたりまでがよいでしょう。
林道はどんどん細くなりますが、ヘイズル沢出合をこえ、踏み跡程度になります。
狩小屋沢手前で分岐していて、右は狩小屋沢にかかる橋、左はもう少し下流で狩小屋沢を越え、
楢俣川本流方向へと伸びていました。


このあたりの楢俣川本流は普通の川。(下の写真)
ここからは右岸の踏み跡を矢種沢のあたりまで。そこから適当に下って入渓しました。


DSC03860.jpg



このあたりで釣り師のパーティーに会いました。
そういえば、楢俣川は「山と釣り」というムックで特集されていましたね。


楢俣川本流は豊富な水量で、ダイナミックに小滝をかけていますが、
難しい所はなく、問題なく進んでいけます。


DSC03863.jpg


DSC03864.jpg


DSC03869.jpg



そして右から前深沢/中深沢が出合います。


DSC03873.jpg



中深沢は右岸から滝で出合っていました。出合いの上から。


DSC03878.jpg



前深沢に入ると、苦土川井戸沢のような感じで、
フリクションばっちりで、簡単に登れる小滝がかかっています。


DSC03882.jpg



魚影が見えたので、竿を出してみると、一振り目であっさりヒット。
心の準備ができてなかったのでばらしてしまいましたが、
再度のトライでまたあっさり釣れました。なんて純朴な魚たち。
その後も釣りというより漁といった感じでやたら釣れますが、
そんなことばかりもしていられないので、先に進みます。
もちろん魚は全てリリースしました。


DSC03884.jpg



そんなこんなで、12m滝。
バンドを思いっきりシャワーで左にすすみ、水流左を登ります。IIIくらい。


DSC03886.jpg



小滝。


DSC03889.jpg



今日の信じられない岩。どこから来て、なぜこんなバランスで。


DSC03893.jpg



最高に暑くて死にそうですが、難しい所はなく、水浴びしながら気持ちよく進めます。


DSC03899.jpg


DSC03903.jpg


DSC03906.jpg


DSC03909.jpg



トイ状部に来ました。


DSC03911.jpg



前深沢で唯一、トイの奥のこの滝だけ左を小さく巻きました。


DSC03913.jpg



ナメ。


DSC03918.jpg



で、メインイベントの40m大滝に到着です。
遠目に見ると傾斜は緩く、結構寝ているように見えます。


DSC03919.jpg



休憩を取りながらルートを観察。水流沿いに少し上がって水流右の凹角/カンテを登る感じでしょう。
ということで、せっかく10mm/50mという重荷を背負ってきましたが、ロープださずにスタート。
中間の1箇所だけ、しっかりとしたホールドがなく、
スローパーとスメアであがるという結構怖い思いをしましたが、そのほかは特に難しい所もなく、登れました。


DSC03920.jpg



ちなみ右側はこんな感じなので、比較的簡単に巻けると思います。


DSC03921.jpg



大滝上はふたたびナメやナメ滝。


DSC03925.jpg


DSC03928.jpg


DSC03933.jpg



滝場もほぼおわり、そろそろ今日の泊まるところを探さないといけません。


DSC03936.jpg



大滝上は傾斜のあるゴーロ地帯で、あまりテント適地はありませんでしたが、無くはない。
うろうろと探してみた結果、1700m弱のところに平坦な岩をみつけて、そこで幕営。
岩はソロテントが少しはみ出る感じでしたが、すぐ横にテーブル上の岩もあり、なかなか快適でした。


DSC03944.jpg




2日目。虫が大量に現れ、朝っぱらからさされまくってしまいました。
1700mから上はこんな感じの連瀑というかゴーロというか、なところ。


DSC03953.jpg



ぐんぐんと標高を上げていくと、二俣に。
右にチョックストーンが見えるので、トポではここを右に行っていますが、
明らかに左のほうが水量多く、本流っぽいので、左に行きます。


DSC03960.jpg



ツメも岩場が続き、なかなか楽しい。
最後までこんな感じで、頂上直下の10mだけ急な泥の草付きを登ると、
至仏山頂にどんぴしゃで出ました。というか、そのつもりでつめ上がりましたので当たり前ですが。


DSC03966.jpg



山頂はおじさんが一人いただけで静かなもの。尾瀬なのにこんなものなんですね。
尾瀬沼を挟んで向こうに見えるのは燧ヶ岳でしょうか。


DSC03970.jpg



さて、いい景色もつかのま、すぐにまた谷底へと帰っていきます。
帰りは隣の狩小屋沢を下降します。
最初は、少し多めに下ったところから谷方面へ下降したところ、ハイマツの海っぽくなり、仕切り直し。
少し頂上よりへ移動し、適当な位置にあった踏み跡から降り始めると、岩をつないで快適に下って行けました。


DSC03976.jpg



しばらく下って行くと、狩小屋沢最上部の20m滝が現れます。
ここはロープをだして懸垂下降しました。


さらに、その後もヌメヌメ小滝が続きます。


DSC03979.jpg



この沢は小滝がどんどん出てきますが、全てクライムダウンで下っていけます。


DSC03985.jpg


DSC03992.jpg


DSC03996.jpg


DSC03998.jpg


DSC04000.jpg


DSC04001.jpg



暑さでへろへろになりつつ途中で水風呂につかりながら、ようやく崩壊した橋につきました。
ここからは踏み跡程度の林道を下って帰って行きました。


DSC04008.jpg



下山後は結局いつものみなかみの湯テルメで温泉につかり、
のんびりと、相変わらず時の流れが止まっている「谷川ラーメン」でチャーシュー麺を食べる。
早い時間に降りてこれたので、道の駅に行き、利根川を眺めながらマスの塩焼きを食べました。


いや〜暑かった。





オススメ度 ★★★★☆

綺麗な渓相の沢です。ほぼ全ての滝が快適に登れ、ツメも困難さはなく、オススメです。
1台の車で行くならこのルートがよいですが、
電車や車2台であれば、鳩待峠に下れば日帰りも十分可能と思われます。




参考タイム
1日目:駐車スペース(2時間半)前深沢出合(2時間半)大滝下(10分)大滝上(40分)幕営地(テント泊)
2日目:幕営地(1時間半)至仏山頂上(30分)狩小屋沢下降点(1時間)20m滝上(3時間)狩小屋沢の橋(2時間)駐車スペース

装備 テント泊装備一式、ソロイスト(使用せず)、10mm/50mロープ(下降時使用)、ナッツ・薄刃ピトン・カム少々(使用せず)

参考 沢登り (入門&ガイド)








関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のら

Author:のら
 
のらクライマー。

登山歴たぶん10年目、
のら歴も同じく。

無所属のらクライマー。
あいかわらずビレイはできません。

いつもジムのボルダーで練習しています。
外のボルダーやショートルートは登ったことがありません。


最高グレード(ジム)はもう何年も更新されません・・・。
 ボルダー:2段、OS 1級
 ボルダー長もの:5.12b、OS 5.12a(年2,3本やるだけ)



山行記録一覧はこちらをクリック

twitter(更新情報のみ)
 

最新記事
カテゴリ