2015.12.19-20 八ヶ岳 上ノ権現沢

2015.12.19-20 八ヶ岳 上ノ権現沢
2級 / IV
テント泊 アイスクライミング(ソロ)


秋は腰を痛めてあまり山に行けず、ひさしぶりの更新になりました。
静かな山旅を求めて八ヶ岳の東面に、
以前ラッセル地獄谷で敗退した上ノ権現沢です。


----------


前回はラッセルで敗退しました。
行こう行こうとおもいつつ、雪の降る前に行くタイミングがなく、
かれこれ3年がたってしまいました。

そして、今回はアウトレットで買った型落ちのアイシクルジャケット・ビブと、
個人輸入で買ったネパールcubeのデビュー戦でもあります。


スタートは美し森駐車場。


DSC04226.jpg



それにしても強烈なエルニーニョの影響か、雪が全くありません。
前回との差がすでに歴然と・・・。


DSC04228.jpg



林道を道なりにすすんでいくと堰堤につきあたります。


DSC04229.jpg



地獄谷は水がざーざーとながれ、周りは雪がほとんどありません。


DSC04232.jpg



赤岳沢出合の少し手前にある避難小屋、出合小屋付近もこの通り。
静寂を求めて出合小屋上の平らなテント適地に幕営しました。


DSC04233.jpg



あまりに静かで、暇つぶしに持って行った深夜特急の文庫本(4巻)を一冊読んでしまいました。

夜明け前はなかなか寒かった。というよりも寒さに弱くなったのでしょう。
夜中に謎のドスンドスンという音や震動、子鹿?の鳴く声がしていて、なんともわびしい。

そんなわけで例のごとく朝はゆっくりと、明るくなってから行動開始。



ツルネ東稜の左側、プレートのある大岩が上ノ権現沢の目印です。


DSC04236.jpg



沢床は薄い氷が張っているだけでのると踏み抜きます。


DSC04237.jpg



F1もこのとおり、ちょっと登るのはやめとこう、という感じの氷結具合。
行くか帰るかか迷いつつ、右岸のあまり良くないガレから巻きました。


DSC04239.jpg



次の滝はぎり登れる感じで先に進むことを決意。


DSC04243.jpg



前回は左から楽しく登れたチョックストーンも、左は絶望的な細さ。
右の、チョックストーンと壁の間から上がりました。
遊びで、ドライツーリングでいったらわりと楽しい。


DSC04252.jpg



右はこんな感じ。


DSC04253.jpg



左はこんな。一応トライしましたが、登れずに戻りました。


DSC04254.jpg



夢幻の沢大滝でしょうか。普通の滝です。こんな感じの枝沢がいくつかありました。


DSC04258.jpg



本流は滝がつづきます。ここも水が流れていて真ん中は薄く、左右の氷を使いつつ上がります。
上部はちょっと急な1ステップでIV級。


DSC04260.jpg



ふたたびチョックストーン滝。ここも薄いけれど短いので面白く登れます。IV級


DSC04261.jpg



両門の滝となって大滝。左右どちらも同じくらいの氷ですが、左が本流です。


DSC04264.jpg



大滝は傾斜はないものの、長いので体力に注意。III級くらい。


DSC04265.jpg



大滝上は小滝がちょろちょろと続き、分岐も多く、
なんとなく氷ってそうな方を選んで進みます。


DSC04267.jpg


DSC04268.jpg



ツメは一部腰程度のラッセルになりましたが、他は膝下くらいでラッセルなくすすめました。
参考不足でツメではへろへろになってしまった。


DSC04272.jpg



ハイマツを避けつつ登っていくとひょっこり稜線の登山道にでました。
旭岳とツルネの間のコルあたりで、そこから5分とかからずツルネに到着。
最高の天気で北アルプスから中央アルプス、富士山、奥秩父と360°見渡せました。


DSC04275.jpg



権現岳


DSC04276.jpg



阿弥陀にも雪がない。


DSC04278.jpg



下りはツルネから東稜を下る。
尾根が分かれる所で間違えないように気をつけます。



ようやく宿題を終えることができました。




オススメ度 ★★★☆☆

本格的に雪の降る前にくるとよいですが、何度かドボンすることは覚悟しましょう。
裏同心ルンゼとほぼ同じくらいの難易度ですが、静かな山を楽しめるのは断然こちら。
八つ東面と山野井さんを好きな人に悪い人はいません。


参考タイム 
美し森(1時間)堰堤(1時間)出合小屋(泊)
出合小屋(20分)上ノ権現沢出合(2時間30分)大滝手前(1時間30分)ツルネ(1時間30分)出合小屋(1時間30分)美し森

装備 テント泊装備一式、ソロイスト(使用せず)、10.2mm/50mロープ(使用せず)、スクリュー5本(使用せず)

参考 チャレンジ!アルパインクライミング(南アルプス・八ヶ岳・谷川岳編)





ペツルシャルレ(PETZLcharlet) ノミック U21 3ペツルシャルレ(PETZLcharlet) ノミック U21 3
()
PETZLcharlet(ペツルシャルレ)

商品詳細を見る



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のら

Author:のら
 
のらクライマー。

登山歴たぶん10年目、
のら歴も同じく。

無所属のらクライマー。
あいかわらずビレイはできません。

いつもジムのボルダーで練習しています。
外のボルダーやショートルートは登ったことがありません。


最高グレード(ジム)はもう何年も更新されません・・・。
 ボルダー:2段、OS 1級
 ボルダー長もの:5.12b、OS 5.12a(年2,3本やるだけ)



山行記録一覧はこちらをクリック

twitter(更新情報のみ)
 

最新記事
カテゴリ