2016.8.7 利根川水系 谷川「鷹ノ巣C沢」

2016.8.7 利根川水系 谷川「鷹ノ巣C沢」
3級下 / IIIくらい
日帰り 沢のぼり(ソロ)


300m大スラブを眺めに。手頃な沢かと思いきや、恐ろしいつめ。


----------


日本登山大系の谷川岳南面の沢を眺めていると、300m大スラブが広がる鷹ノ巣C沢が目にとまる。
ネットの記録を見てみても楽しいところのようで、
ただ、「つめはきつい」とどのサイトにも書いてあるのが気になりつつ、行くことに。


土曜は佐久の中山道近くにあるヤッホーブリューイングの工場見学。
最近はめっぽうサンディエゴあたりのIPAが好きで飲むことが多いのですが、
よなよなはビール好きになったきっかけのようなもので、感慨深い。
ちなみに、よなよなエールのバーコードは「4747」で始まるそう。
日本の製品は49で始まるのですが、474で始まる国は・・・よく取ったもんです。


DSC_0049.jpg



さて、日曜日、朝6時に谷川温泉の登山口駐車場に到着。
登山口にはヒルよけの食塩水スプレーが置いてある。このあたりヒルがいるらしいです。
久しぶりの「ひるさがりのジョニー」を振りかけて出発。
ヒルは一人目にはつかないという迷信を信じて、ひたすらとまらずに歩く。


DSC05112.jpg



歩くこと1時間ほどで、いわお新道の分岐。分岐のすぐ手前から入渓します。
ここの釜はまたきれいな色をしています。水はぬるい。


DSC05118.jpg



すぐの二俣(オジカ沢とヒツゴー沢)は左の谷川本谷へ。


DSC05120.jpg



たしかこれが鷹ノ巣沢の出合。かなりしょぼい。


DSC05123.jpg



出合のところに関越トンネルの穴があるのでわかりやすい。
ちなみに鷹ノ巣C沢は関越トンネルの真上の沢です。


DSC05125.jpg



だんだんと開けてきて期待感が高まります。
すでに汗だく。水につかったりしながら進む。


DSC05130.jpg



すると、ナメ滝でB、C沢の出合。


DSC05133.jpg



右からはB沢。


DSC05134.jpg



気持ちいいとこですなあ。


DSC05135.jpg


DSC05137.jpg



沢が右にまがってナメ滝とともにスラブ本番。


DSC05139.jpg



うねうねしているのでどこでも適当に登れます。最高に癒し系。


DSC05143.jpg



気持ちよさは西ゼン以上。


DSC05147.jpg


DSC05148.jpg


DSC05149.jpg



元祖・谷川温泉、掛け流しの湯。しばしつかって休む。


DSC05151.jpg



スラブの終わりが見えてきました。


DSC05153.jpg



このあたりから小滝が続きますが、いずれも難しくはないです。
あまりに暑く頭がぼーっとしてたので憶えてません。


DSC05156.jpg


DSC05159.jpg


DSC05161.jpg



するとCS滝らしきものが見えてきました。
CSというかなんというか、沢からはみ出る、寸法のあってない巨大CS。
ここは細かいナメになっていて、いやな感じだったので、
左壁から登ってトラバースしました。


DSC05165.jpg



左壁を登ってはトラバース、登ってはトラバースで沢筋に戻りました。


DSC05173.jpg



右壁のハング下を流れる洞窟っぽいところもあり。


DSC05175.jpg



それにしてもずっと岩。


DSC05178.jpg


DSC05181.jpg



だんだんつめっぽくなってきますが暑い以外はいたって快適。
ここまでひたすら沢の水を飲みまくってます。熱中症対策で塩もなめつつ。


DSC05185.jpg


DSC05186.jpg



沢が壁にぶつかりました。肝心なときに霧でルートが見いだせません。
右の尾根が緩そうだったので、ひたすら右上していきます。


DSC05188.jpg



この辺まではIII-くらいの岩を交えながらの草付きのぼり。


DSC05191.jpg



このまま快適に終われるかな、と思いきやだんだんと傾斜がきつくなり、
最後は50度ほどの傾斜でササ藪こぎ?ササークライミング。
スタンスもなにもない感じで、力ずくで笹で体をあげていきます。恐ろしい。
これがなければ2級の沢・・・。


DSC05192.jpg



なんとか稜線にでました。
藪尾根ですが、かすかに踏み跡らしき痕跡があり、それほど労力はいりません。


DSC05194.jpg


DSC05199.jpg


DSC05201.jpg



笹の部分もスイスイ〜っと泳ぐようにかき分けて進めます。


DSC05207.jpg



赤谷川方面


DSC05209.jpg



霧に囲まれて踏み跡もなくなり、笹の海を泳いでいると、
スペイシーな避難小屋発見で、登山道にでました。


DSC05210.jpg



あたりは霧で何も見えなかったので、あまりゆっくりせずさくさくと中ゴー尾根を下ることに。
中ゴー尾根は少し荒れていますが、おおむね問題なし。急傾斜で一気に下れます。


DSC05212.jpg



幕岩とオジカ沢方面。いかつい。


DSC05214.jpg



いやー暑かった。涼しいところに行きたいもんです。







オススメ度 ★★★★☆

大スラブは噂通りすばらしい所でした。
霧でつめのルートファインディングがイマイチになってしまったのが心残り。
もっと右にトラバースした方が緩かったのかも。
沢自体は難しくないですが、ツメは初級者には危険です。
谷川南面の沢は条例により事前の登山届け提出が必要です。



参考タイム 谷川温泉登山口駐車場(1時間)いわお新道分岐・入渓(1時間15分)鷹ノ巣B・C沢出合(3時間半)稜線(1時間)オジカ沢ノ頭(3時間半)中ゴー尾根経由・谷川温泉登山口駐車場
装備 日帰り装備一式、ソロイスト、カム・ハーケン・ナッツ少々、10mm/50mロープ(以上すべて使用せず)
参考 日本登山大系3 谷川岳







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のら

Author:のら
 
のらクライマー。

登山歴たぶん10年目、
のら歴も同じく。

無所属のらクライマー。
あいかわらずビレイはできません。

いつもジムのボルダーで練習しています。
外のボルダーやショートルートは登ったことがありません。


最高グレード(ジム)はもう何年も更新されません・・・。
 ボルダー:2段、OS 1級
 ボルダー長もの:5.12b、OS 5.12a(年2,3本やるだけ)



山行記録一覧はこちらをクリック

twitter(更新情報のみ)
 

最新記事
カテゴリ