2017.6.11 阿武隈川水系「南沢」

2017.6.11 阿武隈川水系「南沢」
2級下 / III+
日帰り 沢のぼり(ソロ)


那須岳の北、甲子山の沢。


----------


あっという間に梅雨入りしてしまったので、東北方面へ逃げてきましたが、
関東も晴れてたかも。
そんな日曜日は甲子温泉の裏山的な甲子山の沢へ。


まっすぐで眠くなる東北道を白河ICで降り、西郷村方面へ。
「さいごう」ではなく、「にしごう」だそうです。
福島の景色は山と田んぼのバランスがなんか良い感じ。
甲子トンネル手前を谷底方面へ降り、大黒屋手前の駐車スペースへ駐車。


DSC05850.jpg



大黒屋から、甲子トンネル方面へ少し戻り、分岐を進む。橋脚の脇を通る。


DSC05852.jpg



くまもん。熊がでます、ではなく「います」


DSC05853.jpg



薄い踏み跡から阿武隈川方面へ下って行く。やや急。
堰堤にでてしまい、急斜面を巻く。踏み跡外したかも。
降り立った所は堰堤上の広河原で、ここに小さく出合うのが南沢。


DSC05856.jpg



すぐに滝が出てきます。なかなか楽しい。


DSC05859.jpg



2つめの滝は落ち口付近がやや微妙に見えたので、左岸の浅いルンゼ状から巻き。
この巻きがひどかった・・・。ぼろぼろの急斜面をだましだまし登る。
途中、滑落するかも、ってくらいのボロ斜面を登ったりして、
急斜面を行きつ戻りつ、トラバース、小尾根をクライムダウンし、
最後は懸垂15mで滝上に降り立つ。この巻きに30分以上かかってしまった。

要注意。滝登った方が安全だった。


DSC05863.jpg



本来は癒し。


DSC05866.jpg


DSC05870.jpg



ここも巻いちゃいました。左岸から、ここは踏み跡もあり、安全です。


DSC05872.jpg



水流右を。


DSC05874.jpg



DSC05876.jpg



若干雪も残っていましたが、全く問題ありません。
かなりの厚さがあったので、上を歩く。
沢沿いにタラの木があったのは内緒。


DSC05877.jpg



快適。


DSC05879.jpg


DSC05884.jpg



30m大滝は、左から上がっていって、行き止まりで数歩水流に寄る。
そこからは木の根っこを掴んで木登り。IIIくらいで快適。


DSC05889.jpg


DSC05891.jpg



二俣は右に。


DSC05892.jpg


DSC05894.jpg



最後はナメというか、湿ったスラブを登っていく。結構急。


DSC05897.jpg



最後少し開けた所で、右上方向に5分くらいの軽い藪こぎで登山道に出ました。


DSC05898.jpg


甲子山山頂からは眺めが良かったのですが、
コーヒーのんでのんびりしていたら写真を取り忘れてしまいました。

下りはゆるやかな登山道をあっという間に下る。
巻きで時間くったせいで、温泉入れず・・・。

産地直売所で西郷村特産という、「とっくり芋」という短い長芋を買って帰る。
とろろにしたらさっぱりしててうまかった。
あと、白河の「しその香煎餅」というものも。これもうまい。
砂糖がまぶされた軽いせんべいに、しその葉がまぶしてあります。


さわやかな良い日でした。





オススメ度 ★★★☆☆

思ったよりも登攀系の沢。次々に滝が出てきます。
短いので、温泉とセットにしたいところです。



参考タイム 駐車スペース(15分)入渓点(3時間15分)登山道(45分)駐車スペース
装備 日帰り装備一式、カム・ナッツ・ハーケン少々、8mm/30mロープ(懸垂で使用)
参考 東京起点沢登りルート120








関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のら

Author:のら
 
のらクライマー。

登山歴たぶん10年目、
のら歴も同じく。

無所属のらクライマー。
あいかわらずビレイはできません。

いつもジムのボルダーで練習しています。
外のボルダーやショートルートは登ったことがありません。


最高グレード(ジム)はもう何年も更新されません・・・。
 ボルダー:2段、OS 1級
 ボルダー長もの:5.12b、OS 5.12a(年2,3本やるだけ)



山行記録一覧はこちらをクリック

twitter(更新情報のみ)
 

最新記事
カテゴリ