2017.6.18 那珂川水系 苦土川「大沢右俣」

2017.6.18 那珂川水系 苦土川「大沢右俣」
2級 / III+
日帰り 沢のぼり(ソロ)


那須岳の少し西の沢へ。


----------


関東南部は雨ということで、再び北へ。
東北道を黒磯板室ICでおり、道の駅で車中泊。
深山ダムを越えるあたりではテンや猿がお出迎え。

林道を三斗小屋温泉方面に進み、
大沢出合の少し上の、橋の手前にあるゲート前に駐車。
そこから深山ダム方面にすこし戻り、分岐から大沢方面へ。
車中泊したものの、結局8時すぎの出発。


DSC05900.jpg



林道から踏み跡を進むと、最後の堰堤の前にでます。
堰堤は左から越え、河原から入渓。

入渓点からはしばらくは単なる河原歩きが続きます。


DSC05905.jpg



歩くことしばし、薄いスノーブリッジをよけて越えた所で、
滝場に入ります。


DSC05907.jpg



1つ2つ小滝を超えたところで、すぐに、前半核心の20m滝。
滝の左端の狭い凹状を少し上がって、落ち口方面へ右上。
凹状から岩に移るところが少し悪い。上部は容易。全体でIII+くらい。


DSC05909.jpg



その後も、ずーっと休まることなく滝が続きます。


DSC05912.jpg


DSC05914.jpg



ここは水流右の岩をどん詰まりまで直上して、左にトラバース。
トラバース部には残置スリングがありましたが、ハーケンが信用ならず、使用しない。
トラバースはスタンスないので慎重に。III〜III+くらい


DSC05915.jpg



DSC05916.jpg



左から幅広のナメで左俣が出合います。
傾斜はなく、難しくはなさそうに見えます。


DSC05919.jpg



右俣は、ここから濡れるゾーンに入っていく。
ふるさと納税で手に入れたモンベルの雨具(ピークシェル)が役に立つ。
おろしたての雨具着てると濡れたくなるので、今回はガンガン濡れていきます。


この滝は水流沿いを。ずぶ濡れになりつつIII+くらい。
水はやや冷たいので、ダッシュで上がる。


DSC05921.jpg



ここも水流沿いの方が易しそうにみえたので、ずぶ濡れになりつつ。III。


DSC05922.jpg


DSC05923.jpg


DSC05924.jpg


DSC05926.jpg



後半はかなり雪が残っていました。
とはいっても中央は薄いので、なるべく端を歩く。


DSC05929.jpg


DSC05934.jpg



右に涸れ滝の岩場が出合ったところでそちらへ上がる。
ここで、地元の単独の方に会いました。


その上もまた雪渓。

DSC05939.jpg



最後まで藪こぎはなく、快適なツメ。


DSC05942.jpg


あっという間に登山道に出ました。
ガスってるし、ちょっと寒い。


DSC05944.jpg



晴れてたら最高に気持ちの良い登山道なんですが。


DSC05946.jpg



下りは、地形図にのっていない、三斗小屋宿跡方面へのショートカット道へ。
会津中街道なんでしょうか。よくわかりません。


DSC05950.jpg



ここを右へ。一部徒渉がありますが、おおむね登山道並です。


DSC05951.jpg







オススメ度 ★★★★☆

短い沢ですが、III〜III+のちょうどいい難易度の滝が続き、楽しく登れます。
ぬめっていることもあるそうですが、今回はゴム底の靴で問題ありませんでした。
井戸沢よりは少し難しいです。



参考タイム 駐車スペース(30分)入渓点(1時間15分)二俣(1時間45分)登山道(峠沢沿いの地形図にない道経由 2時間15分)駐車スペース
装備 日帰り装備一式、ソロイスト、8mm/30mロープ、薄刃ピトン少々(以上すべて使用せず)
参考 東京起点沢登りルート120








関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のら

Author:のら
 
のらクライマー。

登山歴たぶん10年目、
のら歴も同じく。

無所属のらクライマー。
あいかわらずビレイはできません。

いつもジムのボルダーで練習しています。
外のボルダーやショートルートは登ったことがありません。


最高グレード(ジム)はもう何年も更新されません・・・。
 ボルダー:2段、OS 1級
 ボルダー長もの:5.12b、OS 5.12a(年2,3本やるだけ)



山行記録一覧はこちらをクリック

twitter(更新情報のみ)
 

最新記事
カテゴリ