スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.7.17-19 北アルプス 前穂高岳「北条=新村ルート」

2011.7.17-19 北アルプス 前穂高岳「北条=新村ルート」
4級下 / VI / 180m
テント泊 クライミング(ソロ)


穂高を代表する名クラシックの一つと言われる、前穂高岳北尾根4峰正面壁の北条=新村ルート。
前穂の岩壁が見わたせる「天空のテント場」、奥又白池をベースに登る。


----------

アプローチ


アプローチは観光客と登山客が入り乱れる夏の上高地から。
梓川の流れが涼しげ。


DSC00468.jpg



徳沢園を超えて新村橋を渡ると静かなパノラマ新道をすすむ。
途中からパノラマ新道と分かれて正面のやや急な小尾根(中畠新道)を上がっていく。


DSC00480.jpg



しばらく進むと雪渓の上に出て壁が少しのぞける。
こんなところに池があるのかと思いつつ左に回り込むと突然池が現れる。


まさに天空の・・・な感じ。
テント場としては最高。歩いて1〜2分のところに水が出ていた。

DSC00908.jpg



池から壁までは、
まず前穂本峰方面に踏み跡をあがり雪渓をトラバースして壁の基部に向かう。

DSC00912.jpg



雪渓は意外と急で、アプローチシューズに超軽量タイプの4本爪アイゼンではやや心許なかった。
ところどころ小さなクレバスもあいている。

DSC00916.jpg



そうこうしているうちに4峰正面壁へとたどり着く。
距離的にはそれほどでもないが精神的に結構疲れた。


DSC00915.jpg



北条=新村ルートへは左にある松高ルートの取り付きを超え
草付きの緩傾斜帯を50mほど上がるとたどり着く。
取り付きはわかりづらいが登れそうな場所に行くとある。

DSC00919.jpg



【1〜3P 100m / III〜IV】 

凹状部をひたすら上がっていく。
難しくはないが適当にピッチを切った方が良い。

DSC00509.jpg


DSC00921.jpg



振り向くと奥又白池と徳沢が見える。

DSC00506.jpg



【4, 5P 50m / VI】 

このルートの核心部。
小さなハングと大きなハング、2つのハングを超えて行く。
ハングを超えた後はバランス系のトラバース。


DSC00922.jpg


DSC00924.jpg



【6P〜 / II〜III】 

適当に進むと前穂北尾根のルート上にでる。


DSC00925.jpg



前穂北尾根は涸沢から穂高にむかって左手に見えるギザギザの稜線。
穂高の山並みと残雪の涸沢が一望できるすばらしいバリエーションルートでもある。
(春の前穂北尾根の様子はこちら)


DSC00929.jpg



下りは北尾根を5.6のコルまで下る。
バリエーションルートではあるが、ラインを間違えなければ特に懸垂する場所もなく降りられる。

DSC00936.jpg



しかし・・・この後が悪かった。
5.6のコルから奥又白方面に降りる出だしが崩壊した急斜面の上端をトラバースするのだが
足下は一歩踏み出すごとに崩れる、手は壁をもったはしからはがれるといった感じでプッシュしかできない。
ぎりぎりのバランスで何とか超えたが、この部分がこの日一番しびれた。
ロープをだすことをオススメします。
足下の装備がしっかりしていれば急な雪渓を降りた方が良いかも。


そこから先は踏み跡明瞭な小尾根を雪渓まで下りトラバースして池まで。



登りよりも下りがしんどかったがその後の池での景色に癒された。


DSC00527.jpg



DSC00528.jpg




オススメ度 ★★★★☆

景色やアプローチ、下降など壁以外の要素もすばらしく、山が好きな人にはとてもオススメ。
壁自体は難しいピッチが続くのではなく、草付きも交えたクラシックな感じ。
しっかりした登山靴とアイゼン、ピッケルがあれば雪渓を楽に下れたかも。


参考タイム 
1日目:上高地バスターミナル(5時間)奥又白池(テント泊)
2日目:奥又白池(1時間半)取り付き(4時間)終了点(1時間)5.6のコル(1時間半)奥又白池(テント泊)
3日目:奥又白池(3時間半)上高地バスターミナル
     
装備
テント泊装備一式、ソロイスト、10.2mm/50m(登攀用) + 8mm/50m(下降用) ロープ、薄刃ピトン4本、カム1セット、ナッツ半セット

参考
チャレンジ!アルパインクライミング(北アルプス編)





ペツルシャルレ(PETZLcharlet) ノミック U21 3ペツルシャルレ(PETZLcharlet) ノミック U21 3
()
PETZLcharlet(ペツルシャルレ)

商品詳細を見る




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のら

Author:のら
 
のらクライマー。

登山歴たぶん10年目、
のら歴も同じく。

無所属のらクライマー。
あいかわらずビレイはできません。

いつもジムのボルダーで練習しています。
外のボルダーやショートルートは登ったことがありません。


最高グレード(ジム)はもう何年も更新されません・・・。
 ボルダー:2段、OS 1級
 ボルダー長もの:5.12b、OS 5.12a(年2,3本やるだけ)



山行記録一覧はこちらをクリック

twitter(更新情報のみ)
 

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。