2012.11.24-25 北アルプス 燕岳

2012.11.24-25 北アルプス 燕岳

テント泊 冬山登山(パーティー)


本格的な冬シーズン開幕前に北アルプス燕岳へ。
雲一つない天気の中、北アルプスの山々が一望できました。


----------

朝、あずさにのって穂高駅へ。
穂高駅では、身長がリンゴの木半分、体重がリンゴ70玉分のあぷふーる君が迎えてくれました。
どんな顔かは、実際に穂高まで行って見てください。


DSC01679.jpg



2012年は3連休の最終日、11月25日まで乗合バスが中房温泉まで走っており、
それにのって中房温泉登山口へ。
この前日は登山口のわずか上から雪がふったようで、砂糖をかぶったようになっていました。


DSC01682.jpg



第一ベンチに着く頃には雪の上を歩くようになり、第二ベンチではこのくらいの積雪。
ちいちゃな雪だるまが迎えてくれました。


DSC01689.jpg



一日目は無人の合戦小屋脇にテントを張って、
夕ご飯後に同行者に白ワインをもらって、一杯飲んだら眠くなって早々に就寝。
それでも夜中はこの季節にしては寒く、何度も目が覚めてしまいました。

------

翌日、夜が開ける少し前に出発。明けの明星が輝いています。


DSC01703.jpg



合戦沢の頭に着く頃には太陽が顔を出してきます。
眼下には雲が広がり、遠くには富士山がはっきりと見えます。


DSC01714.jpg



美しい光の中を稜線へ向けて進みます。
光が背中を押してくれるよう。


DSC01722.jpg



背後からは真っ赤なサクランボのような太陽が上がってきます。
急激に気温が上がったように感じます。


DSC01724.jpg



モルゲンロートの大天井、槍。
今日はひだひだが際だって見えます。


DSC01725.jpg



燕山荘の屋上には宿泊客がのぼり、日の出を満喫している模様。
そりゃあそうです。この景色。


DSC01727.jpg



燕山荘から燕岳へは穏やかな稜線を進みます。


DSC01732.jpg



この日、燕山荘にはテント村ができていたよう。


DSC01734.jpg



DSC01736.jpg



DSC01741.jpg



DSC01743.jpg



DSC01745.jpg



言うまでもなく、山頂からは360度のパノラマが広がっています。
特に槍から裏銀座の稜線が圧巻でした。


DSC01760.jpg



DSC01767.jpg



DSC01771.jpg




オススメ度 ★★★☆☆

初めての冬の北アルプスに最適というのは安全だから、というだけではありません。
正月に行くよりも、バスがあってアクセスのいい、このタイミングで行くのがベストだと思われます。
バスがないと中房温泉までのだるい林道歩きが片道5時間ほど追加されるらしいです。


参考タイム
1日目:中房温泉(3時間)合戦小屋(テント泊)
2日目:合戦小屋テント場(1時間半)燕山荘(45分)燕岳(30分)燕山荘(1時間半)合戦小屋(1時間半)中房温泉(10分)有明荘
     

装備 テント泊装備一式、ストック。ピッケルは使用せず。
参考 なし




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のら

Author:のら
 
のらクライマー。

登山歴たぶん10年目、
のら歴も同じく。

無所属のらクライマー。
あいかわらずビレイはできません。

いつもジムのボルダーで練習しています。
外のボルダーやショートルートは登ったことがありません。


最高グレード(ジム)はもう何年も更新されません・・・。
 ボルダー:2段、OS 1級
 ボルダー長もの:5.12b、OS 5.12a(年2,3本やるだけ)



山行記録一覧はこちらをクリック

twitter(更新情報のみ)
 

最新記事
カテゴリ