2013.6.22-23 奥鬼怒 鬼怒川「魚沢遡行〜赤岩沢下降」

2013.6.22-23 奥鬼怒 鬼怒川「魚沢遡行〜赤岩沢下降」
2級上 / III
テント泊 沢のぼり(ソロ)


しつこい性格なのかまた近い山域の沢に来てしまいました。
奥鬼怒の、栃木・群馬・新潟の3県の県境付近の黒岩山から東に流れる沢です。


----------



夜に雨の東北道を走り、先週と同じく日光口PAで車中泊。ここはお気に入りです。
夜が明けると雨がやんでいましたが、シカのうろつく霧降高原を越え、
お猿がたわむれる鬼怒川の奥深く、非常に広い女夫淵温泉の駐車場までくると、また雨が降り出しました。
結局土曜は一日中小雨で、時折本降りでした。



女夫淵温泉駐車場には釣り師が多く入っています。
女夫淵温泉からは、鬼怒川沿いに草だらけのほぼ廃道となった林道を魚沢出合いまで進みます。


ゆっくり8時に出発。
このあたり、かなり山深いエリアでいい雰囲気が漂っています。


DSC00530_20130624213823.jpg



魚沢出合は林道から見えますが、ここは高さがあって降りづらいので、
少しもどって緩傾斜部から入渓です。


DSC00533.jpg



出合からはしばらく深い森の中の沢を歩きます。両岸から森が迫ります。


DSC00536.jpg



最初の6m滝にたどり着きました。
写真には写っていませんが右にも幅がひろく、二条の流れになっていてきれいな滝です。


DSC00539.jpg



小滝をいくつかこえていきます。


DSC00542_20130624213829.jpg


DSC00543_20130624213855.jpg



小滝の間はナメが続き、飽きさせません。


DSC00546_20130624213856.jpg



前半のハイライト、20m滝。水流右を。


DSC00549_20130624213857.jpg



ふたたびナメ〜


DSC00554.jpg


DSC00561.jpg



小滝を超えようとガバをつかもうとしたら、何かの気配がして、
中をのぞいてみると、なにかしらの卵がありました。
滝の水流際にあるなんて。握りつぶすところでした。


DSC00566.jpg



ミニゴルジュに入っていきます。


DSC00569.jpg



ゴルジュの中は荒れていて、苔むした左壁からは水流。
ラピュタ的でした。


DSC00572_20130624213924.jpg



出口の3m滝は突っ張りで越えます。


DSC00577.jpg



倒木だらけ。
ゴルジュにも倒木がみっちりつまっていて非常に進みづらかったです。


DSC00578.jpg



上から見てもこんな感じ。ガイドブックのすっきりとした写真とは全く異なっていました。


DSC00581.jpg



その上も、細い水流が勢いよく流れる脇を登っていきます。


DSC00582.jpg



15m滝。ぼろぼろで登れません。ずるずるに崩れる悪い左岸巻き。


DSC00589.jpg



6m滝。シャワー頑張れば真ん中左から登れそうですが、
こんな所で無理に頑張ることもないので、少し戻って右岸巻き。


DSC00590.jpg



このあたりから、ナメ&小滝(N&K)が続き、小気味よく登っていきます。


DSC00591.jpg


DSC00593_20130624214015.jpg


DSC00595_20130624214017.jpg


DSC00597.jpg



2条8m滝は左の水流のすぐ左脇の岩を登ります。
右すれすれに水をよけ登りますが、落ち口手前はシャワーになりました。


DSC00598_20130624214019.jpg



まだまだN&K


DSC00602_20130624214020.jpg


DSC00606.jpg


DSC00614.jpg



この滝は右のボロ壁か、左のボロ壁か、迷いましたが、右ので。


DSC00617.jpg



写真ではわかりにくいですが、顕著な三俣です。
本流は右のぼろ壁から流れ落ちる水流です。左俣は長い滝になっていました。


DSC00622.jpg



真面目に登ると意外に難しい15mナメ滝、というかスラブ。


DSC00631.jpg



最後まで地道に水流をたどっていくと、2050m付近の緩傾斜帯にでました。
このあたり、どこでもビバークできますが、まだ時間も早いので下りながら幕営地を探すことにします。

顕著な地形も踏み跡も何もないので現在地の把握が困難です。
少し南に進んで尾根形状を見つけ、同定した後、北に戻りました。


DSC00635.jpg



すると黒沼田代に出ました。
これで現在地がはっきりしたので、赤岩沢方面に進んでいくと、
小さな沢があり、これを下って行きます。


DSC00636.jpg



まさに名前通りの赤い岩の沢です。
少し下るとすぐに水量は増えていき、豪快な10m滝にでました。
かなりの勢いに圧倒されますが、落ち着いて下れるラインを探してクライムダウンしていきます。


DSC00637.jpg



ちょっとナメを超えると2段50m滝の上に出ました。
上から見ても下れるのか見えません。
上段は灌木から右岸の岩壁を10mほど懸垂下降そこから右岸方向にトラバースして、
ルンゼ状を滝の下までクライムダウンしました。


DSC00641.jpg



大滝下はかなり雪渓が残っていました。


DSC00643.jpg



幕営適地を探しながら降りて行くと、大滝のすぐ下、
1710m付近に、これ以上ない、整地されたベストスポットがありました。
たき火の跡もあったのでよく使われているようです。
まだ15時前でしたが、雨も強くなって濡れ鼠でしたので、ここでゆっくりビバークとしました。


この夜はポータブルメディアプレーヤーで20年前の香川照之が出演する、
「世にも奇妙な物語」をみました。TVKで再放送やってます。
すると、ドンっという音と同時に地面がゆれてびびりました。
雪渓が崩れたのか、落石があったのかわかりませんがタイミングが悪いです。



DSC00644.jpg



2日目。ゆっくり7時すぎに出発。
1日目がうそのように朝からばっちり晴れました。
水量も減っていて、昨日とは全く違う、開けた景色になり、ここからはN&Kを楽しんで降りて行きます。


DSC00650.jpg


DSC00654.jpg


DSC00660.jpg


DSC00663.jpg


DSC00666.jpg



赤岩の大滝50mは右岸の灌木帯をクライムダウン。
このあたり、開放感がたまらなく気持ちいいです。こうでなくては。


DSC00667.jpg



小滝は全部クライムダウンで下れます。


DSC00669.jpg


DSC00670.jpg



下部はかなり倒木で荒れていました。
倒木をこえて進んでいくと、雪渓がかなり残っていて、スノーブリッジになっていました。
雪渓上も超えられそうですが、端を降りるときに踏み抜くリスクがありそうなので、くぐることにしました。
まさかこんな所で雪渓くぐりがあるとは。残雪が多かったのか、来るのが早かったのかわかりません。


DSC00674.jpg



もういっちょくぐりました。
こちらは崖から圧迫されていて、今にも真ん中でぽきっと崩れそう。


DSC00683.jpg



ここからは普通の沢になり、てくてく下ります。


DSC00684_20130624214248.jpg



でかい堰堤に当たり終了。右岸から高巻き。
堰堤を越えるとすぐに鬼怒川本流に出合います。


DSC00686.jpg


本流は赤岩沢付近から魚沢付近までいくつも巨大な堰堤がかかっていてダムのよう。
まさに絵の具をぶちまけたような、というより絵筆を洗った水のような、
ちょっときたな綺麗な緑色でした。


DSC00690.jpg



早くにおりれたので、黒部ダム付近の四季の湯でお風呂に入り、
隣の食堂でイワナ定食を食べましたが、これは美味!
田舎らしいゆったりした雰囲気もいい感じなのでおすすめです。

ちなみに、女夫淵温泉は混浴のようですので、そちらがお好みの方はそちらに。洗い場はないそうですが。


それでも昼過ぎだったので、生まれて初めて日光東照宮を見学にいきました。
念願の世界遺産・日光の観光ができて満足の帰宅。






オススメ度 ★★★☆☆

倒木多く、荒れていましたが、それが無ければ星4つのポテンシャルがある、いい沢でした。
十分日帰りもできますが、そんなに急がなくてもいいでしょう。
深い森、静かな山に抱かれてぽつんとするのが好きな人におすすめ。



参考タイム
1日目:女夫淵温泉駐車場(30分)魚沢出合(3時間半)三俣(1時間)黒沼田代(1時間30分)1710m付近、大滝下幕営地(テント泊)
2日目:幕営地(2時間)赤岩沢出合(1時間)駐車場

装備 テント泊装備一式、ソロイスト(使用せず)、10mm/30mロープ(下降時使用)、ナッツ・ピトン少々(使用せず)

参考 沢登り (入門&ガイド)








関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

素晴らしい。
エリア的にちょっとズレますが、昔を思い出しました。

Re: No title

こんにちは。
懐かしんでいただけてよかったです。
近くにいかれたことがあるのですか?
プロフィール

のら

Author:のら
 
のらクライマー。

登山歴たぶん10年目、
のら歴も同じく。

無所属のらクライマー。
あいかわらずビレイはできません。

いつもジムのボルダーで練習しています。
外のボルダーやショートルートは登ったことがありません。


最高グレード(ジム)はもう何年も更新されません・・・。
 ボルダー:2段、OS 1級
 ボルダー長もの:5.12b、OS 5.12a(年2,3本やるだけ)



山行記録一覧はこちらをクリック

twitter(更新情報のみ)
 

最新記事
カテゴリ