2013.8.24 大菩薩 相模川水系 葛野川「深入沢」

2013.8.24 大菩薩 相模川水系 葛野川「深入沢」
2級下 / III-
日帰り 沢のぼり(ソロ)


寝坊からの気合いのリカバリーでなんとか沢に行くことができました。
このところひらけた沢に行っていましたが
天気の悪い日にはやっぱり苔むした景色が似合います。


----------


天気が悪い日の沢といえば奥秩父、
ということでに西沢渓谷近辺の沢に行こうと思っていたものの、完全に寝坊して7時半起床。
さて、どうしたものかといつものガイド本をぺらぺらめくり、
「近場」「苔と森の沢」「不人気」「5時間程度」という条件で見つけた深入沢。
地形図を印刷してすぐに出発です。
どうにかして行けるところに行くところが最近の良いところ。


中央道大月IC経由で深城ダムへ向かいます。
いつもの渋滞につかまりながらも、なんとか12時前、
深城ダム管理事務所の一般者用駐車スペースに車をとめ、徒歩1分の橋のたもとから沢へ下降します。
車は一台も駐車されてなかったので、このあたり誰もいないのでしょう。


DSC01518.jpg


DSC01521.jpg



薬師沢小屋のはしごを思い出す入渓です。
沢床までははしごのあと、工事現場的な足場、そして急な泥ルンゼ下降で10分ほどです。
ルンゼは急でぐずぐずですが、それほど危なくはありません。

思っていたよりも早く沢床へ降りられました。


DSC01525.jpg


すぐに6m滝。つるつるの岩で登れません。
右岸の枝沢を登ってバンドを右に、そして太めの木で4mほどの短い懸垂。
クライムダウンでも下れそうですが、歩き始めなので慎重に。


DSC01526.jpg



水が少なく、薄暗い沢です。
蜘蛛の巣だらけで人気はなく、魚やカエル、カモシカもいて、生き物の気配はすごくする沢。


DSC01529_20130824211151f5f.jpg


DSC01532.jpg



10m滝は右壁を。水流直登は落ち口がつるつるで難しそうにみえました。


DSC01533_2013082421131221a.jpg



こんな感じのこじんまりとしたナメがいくつもあります。


DSC01535.jpg



意外と釜は深め。


DSC01538_201308242113138f7.jpg


DSC01539.jpg


DSC01543.jpg



傾斜はありますが、ガバだらけで快適。
どの滝もIII級程度です。


DSC01544_201308242113557a5.jpg


DSC01547_20130824211356a36.jpg



見栄えのするナメ滝。上部の1〜2mはシャワーになりますが登れます。


DSC01552.jpg



880付近の二俣。右へ行きます。ナメ。


DSC01553.jpg



全体的に、小さい滝ながらも細かいホールドをひろって、じっくり登る滝が多いです。


DSC01556_2013082421141965d.jpg



1000m付近の二俣。右へ。


DSC01559.jpg



このあたりで沢が涸れます。顕著な沢形は右ですが、ここはまっすぐ。
どろどろの急斜面なので、その辺の木をひろってダブルストックにして登ると楽です。


DSC01562.jpg



150mほど上がると人の手の入った森になります。
切られた枝を避けながら上がっていきます。
木の香りがものすごい。


DSC01563.jpg



すると、すぐに1270m付近のコルに出ました。
車が通れそうなくらいの登山道が通っています。このあたりでX字状に分岐しています。
登山道も人気がありません。


DSC01564.jpg



コルからも登山道に入ることなくトラバースの明瞭な仕事道を歩いていきます。
尾根にぶつかったら、尾根に忠実に下って行きます。
尾根上も仕事道がばっちりついていて明瞭で迷うことはありません。
1015小ピークの分岐も明瞭。その下も登山道並の道がついていて、
しかも急な部分は斜面をジグザグにおりるようについていて駆け下りていけます。
トポには軽アイゼンがあるといいと書いてありますが、その必要はもうない様子。


DSC01566.jpg



あっという間に車道脇の土砂くずれ防止ネットの上に出ました。
ここからは階段を下って車道まで。駐車場までは歩いてすぐです。
(写真右上の建物の所)


DSC01569.jpg



ダムの管理事務所では流木無料配布中です。(要申し込み)


DSC01570_20130824211446640.jpg



このあと、ダムに4〜5人の孫と遊びに来た地元のおじいさんとお話。
このあたりの山で猟をしているそうで、とても詳しい方でした。
深城ダムの奥は深い淵などあって難しいとのこと。
それにしても、登山者なんかよりも、縦横無尽に山を歩いていて、尊敬してしまいます。


そして、おじいさんに教えてもらった、都留の地元の方々に人気のお風呂に入って帰宅。
中央道からは調布の花火が綺麗に見えました。




オススメ度 ★★★☆☆

短いので、早起きできない人に向いています。
単独沢登りというより、その土地を楽しむことまで含めた、夏休み一人旅といった印象。
非常に静かな沢です。



参考タイム 深城ダム駐車場(10分)入渓(2時間半)稜線1270mコル(45分)駐車場
装備 日帰り装備一式、ソロイスト(使用せず)、8mm/30mロープ(懸垂で使用)、ナッツ・ピトン少々(使用せず)
参考 東京起点沢登りルート120







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のら

Author:のら
 
のらクライマー。

登山歴たぶん10年目、
のら歴も同じく。

無所属のらクライマー。
あいかわらずビレイはできません。

いつもジムのボルダーで練習しています。
外のボルダーやショートルートは登ったことがありません。


最高グレード(ジム)はもう何年も更新されません・・・。
 ボルダー:2段、OS 1級
 ボルダー長もの:5.12b、OS 5.12a(年2,3本やるだけ)



山行記録一覧はこちらをクリック

twitter(更新情報のみ)
 

最新記事
カテゴリ