スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.8.31 御坂 笛吹川水系 芦川「濁沢」

2013.8.31 御坂 笛吹川水系 芦川「濁沢」
2級 / IV
日帰り 沢のぼり(ソロ)


天気が悪いことを言い訳に、また短い沢へ行きました。
堕落の日々です。


----------


芦川濁沢というと、アイスゲレンデとして認識していました。
出合まで集落が続いていて、稜線の標高も1000m前後という、里山の沢です。


甲府南インターから市川大門方面へ行き、濁沢が芦川に出会うところまで進みます。
出合から徒歩10秒の所に駐車。



出合は裏山感がすごいです。


DSC01572.jpg



濁沢は薄暗くて土っぽい。なぜか秋っぽい様相。


DSC01573.jpg



すぐに40mナメ滝です。
このところの渇水で水量はかなり少ないです。
右側を登ります。スリップ注意。


DSC01575.jpg



上部も右ですが、ホールドが甘いうえ、土や葉っぱが乗っているため結構緊張します。


DSC01577.jpg



その上は10m前後の滝が続く。


DSC01578_20130914124410e5a.jpg



DSC01580.jpg



20m幅広滝は右から巻きました。
普段は2条という話も聞きますが、右は涸れていました。

巻き道はぐずぐずの砂山のうえ、灌木も枯れたものが多く、慌てて登ると危険。
探りながら慎重に登ることをおすすめします。


DSC01582_20130914124433872.jpg



その上も小滝が続く。


DSC01584.jpg



小さなナメもあり。


DSC01587_201309141244357f2.jpg



白竜の滝20mです。登れそうにないので左から巻く。
滝のすぐ左はカンテ状の岩稜ですが、50cm角の岩がもつとぐらぐらしたりして
かなりヤバイ模様。
なので、岩壁直下のかなり狭いバンドを左に20mほどトラバースし、
灌木の生えたぼろぼろの階段状岩場を登ります。
ここがこの沢の核心でした。相当ぼろく不安定なのでトラバース前にロープ出した方がよいです。


DSC01589.jpg



そのままボロ壁をずーっとのぼっていくと完全に尾根上にでます。
相当上に登ったので沢に降りれるか心配でしたが、
尾根はコル状になっていて、そこから右に斜面を歩いて沢まで降りられます。


DSC01591_20130914124458a3b.jpg



釜が連続するところにでました。


DSC01592.jpg



DSC01596_201309141245004c9.jpg



チョックストーンの滝はくぐれそうな気がしたので突っ込みましたが
狭くてすっぽり挟まりながらの奮闘的シャワー。


DSC01599.jpg



観光名所の裏見の滝です。意外としょぼい。右から巻き。


DSC01603.jpg



この辺で開けて平坦な普通の川になります。
沢に入る前に地元の人にここいらはクマがでると聞いていたので気をつける。
かなり出そうです。

カモシカをみました。2週連続。


DSC01605_20130914124623f2a.jpg



2段滝。上段も水流右から登れます。
上段は出だしがちいさくかぶっているのでボルダームーブになります。


DSC01611.jpg



チョックストーンのくの字滝


DSC01614.jpg



スラブ滝は左から巻く。
滝左のざれざれの斜面を倒木頼りにあがって、バンドを落ち口までトラバース。


DSC01620.jpg



水がかれてきます。


DSC01625_20130914124628f85.jpg



最後はガレ斜面をリスと一緒に上がっていくと尾根にでます。


DSC01626.jpg



狭いコルにでました。


DSC01628.jpg



下りは、トポに書いてあるような、明瞭な踏み跡はなく、
尾根の分岐を左へ右へと降りますので、地図読みが必要です。
コンパスと地形図を見ながら、行きつ戻りつして、慎重に下山。
それでも小さな山なので1時間半ほどです。


DSC01632.jpg



人家の裏にでて終了。裏山散策でした。




オススメ度 ★★★☆☆

登攀的というよりも巻き核心でした。
巻き道はおおむねぼろぼろなのでロープを出した方がいいでしょう。
土っぽいので秋の、水量が多い日に行った方が良さそうです。
短いので、隣にある横沢の下半と継続すればよかったと思います。



参考タイム 駐車場・出合(3時間)稜線(1時間半)駐車場
装備 日帰り装備一式、ソロイスト(使用せず)、10mm/30mロープ(使用せず)、ナッツ・ピトン少々(使用せず)
参考 東京起点沢登りルート120







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のら

Author:のら
 
のらクライマー。

登山歴たぶん10年目、
のら歴も同じく。

無所属のらクライマー。
あいかわらずビレイはできません。

いつもジムのボルダーで練習しています。
外のボルダーやショートルートは登ったことがありません。


最高グレード(ジム)はもう何年も更新されません・・・。
 ボルダー:2段、OS 1級
 ボルダー長もの:5.12b、OS 5.12a(年2,3本やるだけ)



山行記録一覧はこちらをクリック

twitter(更新情報のみ)
 

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。