スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.1.11-12 甲斐駒ヶ岳「篠沢七丈瀑」

2014.1.11-12 甲斐駒ヶ岳「篠沢七丈瀑」
3級 / V
テント泊 アイスクライミング(ソロ)


すでに雪多く、北坊主ノ沢からの転進。
100mのマルチピッチアイス。



----------


当初は昨年行きそびれた北坊主へ行くべく、黒戸尾根を登ります。
例のごとく笹の平分岐まではとにかく帰りたい感じの登り。
笹の平分岐が実質5合目です。


5合目につき、黄蓮谷に降りようと進むと、腰上ラッセルに。
ここからこれでは坊主はラッセル敗退確実ということで、さっさと転進。


そこで、ずっと気になっていた篠沢七丈瀑に行ってみようということでこのまま5合目にテントを張りました。
篠沢七丈瀑は5合目から見えます。


DSC02026.jpg



翌日7時出発。夜明け前は結構冷えました。
寒がりの私はモンベルの#2シュラフでギリギリ。


登山道を20分ほど登った橋が下降点です。
橋の下の急なルンゼを下降します。
トレースはなし。表面5cmくらいが固く、一番歩きにくい雪質。


DSC02028.jpg



そのままルンゼをナメ氷をさけながら下降していくと七丈瀑が見えてくるので、
トラバースして取り付きに立ちます。


七丈瀑は思ったよりも傾斜がゆるい感じでした。
南沢大滝を倍にでかくしたくらいですかね。


DSC02029.jpg



取り付きから。ルートは3つくらいとれそうです。

 1) 右ルート:後半で80°くらいの凹角
 2) 中央ルート:傾斜のゆるい所をひろって、右上したのち、左上。初登ルートらしい。
 3) 左ルート:前半で80°くらいのカンテ状

右ルートで行きました。


DSC02030.jpg



1P目(IV-くらい / 25m)下部25mは緩いのでロープなしで上がり、スクリュー2本うって終了。
氷は結構硬いが、すこぶる質がよい。

2P目(IV〜IV+くらい / 25m)ロープを出して25mほど上がって、傾斜が増す手前でスクリュー2本でピッチをきる。
右の岩にはビレイ点がありました。氷質よし。

3P目(Vくらい / 50m)ビレイ点からの眺めが下の写真。
3P目は下からみたら簡単そうでしたが、凹角部は垂直近くてなかなか大変でした。体が半分位入る凹角。
氷はうろこ状ですが、しっかりしていて、スクリューはばっちりきまります。
凹角上はややもろい氷になり、上部は水がでているところもありましたが、
ロープが濡れるほどではなかった。


DSC02033.jpg



ちなみに3P目の左上ルートはこんな感じ。


DSC02034.jpg



3P目取り付きから左をみるとこのくらいの傾斜。


DSC02038.jpg



3P目、50mめいっぱいロープをのばすと、灌木で終了。
上に15mほどのナメ滝があります。


DSC02039.jpg



下降は終了点から10mほど左岸側にいった所にある小さなルンゼ状から。
トポには懸垂なしでおりれるとありましたが、下をのぞくと結構急だったので懸垂で降ります。


DSC02040_20140113110415b33.jpg



50mシングルロープで2回の懸垂とほんの少しの雪の斜面の下りで
アプローチの自分の踏み跡に戻れました。


DSC02041.jpg



ちなみに篠沢〜登山道間にはナメ氷が少しだけあります。


DSC02042.jpg



このあとが大変だった。気温が高く雪がぐすぐすになっており、春山のよう。
アプローチの自分の踏み跡が役に立たず、ラッセルで登山道に登り返します。
最後の急なルンゼでは胸以上のラッセルになり、しかも表面の雪が硬いので
バイルを振り回して雪をくずして膝で固め、進むという感じで大変。
アイスよりもこの登り返しでアックスふりました。わかん、スコップが欲しかった。


5合目でゆっくり休んで、デポしておいてテントを回収して黒戸尾根を下降。


最後はもちろん神社にお参りして完了。


DSC02046.jpg






オススメ度 ★★☆☆☆

さすがにこれだけ登りに来るのは、アプローチの苦労のわりには物足りない感じです。
今回のように黄蓮谷や坊主方面からの転進や、それらの下山日についでに登るという感じがいいでしょう。



参考タイム 竹宇駒ヶ岳神社(5時間30分)5合目(テント泊)(1時間)取り付き(2時間)終了点(20分)滝下(2時間)5合目(3時間)竹宇駒ヶ岳神社
装備 テント泊装備一式、ソロイスト、10.2mm/50mロープ、スクリュー7本、ハーケン少々(使用せず)
参考 チャレンジ!アルパインクライミング 南アルプス・八ヶ岳・谷川岳編






ペツルシャルレ(PETZLcharlet) ノミック U21 3ペツルシャルレ(PETZLcharlet) ノミック U21 3
()
PETZLcharlet(ペツルシャルレ)

商品詳細を見る



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のら

Author:のら
 
のらクライマー。

登山歴たぶん10年目、
のら歴も同じく。

無所属のらクライマー。
あいかわらずビレイはできません。

いつもジムのボルダーで練習しています。
外のボルダーやショートルートは登ったことがありません。


最高グレード(ジム)はもう何年も更新されません・・・。
 ボルダー:2段、OS 1級
 ボルダー長もの:5.12b、OS 5.12a(年2,3本やるだけ)



山行記録一覧はこちらをクリック

twitter(更新情報のみ)
 

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。