スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.1.19 甲斐駒ヶ岳 尾白川下流域「刃渡り沢」

2014.1.19 甲斐駒ヶ岳 尾白川下流域「刃渡り沢」
2級 / IV+〜V-くらい
日帰り アイスクライミング(ソロ)


日帰りのゲレンデアイスでのんびりと。



----------


今日はレスト気味にゲレンデアイスの刃渡り沢。
このあたり、以前来たときは錦滝を登ろうと思ってきたら凍ってなくて
やる気をなくしあっさり帰った記憶があります。


さて、前夜、道の駅「はくしゅう」で車中泊し、日向山登山口のゲートちょっと手前に車を止め、8時頃に出発。
ゲート付近はつるつるに凍っており、危険。念のためチェーンをつけました。


歩きやすい林道を40分ほどでガンガノ沢の錦滝。
まだちょっと早い感じ。


DSC02050.jpg



岩間ルンゼ?良さそうです。


DSC02051.jpg



トンネルを越えて行きます。冬のいい雰囲気。


DSC02059.jpg



対岸に刃渡り沢が見えてきました。先週はあの尾根の上を歩いてました。


DSC02063.jpg



林道終点から急な斜面を沢床へ下降。
フィックスロープがあり、危険はありません。
沢床はこんもり雪がつもっている。


DSC02066.jpg



下流に少し行き、刃渡り沢出合。出合いから少し上がるとF1?のナメ(IIIくらい)につきました。
行列のできるナメ滝でした。
みんなロープをださずに続いて登っていく。


DSC02067_20140119210718948.jpg



そのすぐ上にナメのF2(IIIくらい)。
ここもみんなロープをださずに続いて登っていく。


DSC02070.jpg



するとF3双翼の氷柱20mにつきました。なんともあっさり。
今年はなぜか右の方が発達していて、左は薄め。


DSC02073_20140119210721151.jpg



とりあえず、先行パーティーがいたので先に上の大滝に登りに行くという、
よくわからない登り方をしました。ゲレンデすな。

上の大滝は正面の茶色いつららはまだ登れなさそう。


DSC02074_2014011921072102c.jpg



左の滝は真ん中左ががっちり凍っていたのでここを登ることにする。
中間のつらら右が核心でIV+くらい。
見えている部分の上のほうにもナメが続いていて、50m近くロープをのばして灌木で終了。


DSC02076.jpg



今回の目的の一つ、こないだ山道具屋でほこりをかぶっていたのを購入してみたマイクロトラクション。
荷揚げ用のオートロックつきプーリーです。誰も使わないですね。
今日の荷物は激軽でしたが、ソロイストを組み合わせることで、体重を使って軽く荷揚げできます。
今まではフォローで荷物を背負って登り返していましたが、ユマーリングや荷揚げも考えに入れてみようかと。
使用頻度は少なさそうですが。


DSC02079_201401192107429c5.jpg



上の大滝をのぼった後は、右岸の急な尾根を歩いて下って大滝の取り付きにもどる。
そこからまた双翼の氷柱下に歩いて戻り、さんざん登るか迷ったあげく、左のライン(IV+〜V-くらい)を登る。
というのも上半分が薄く見えて怖かったのです。結局スクリューうたずにランナウトしました。


その後は安心してソロイスト使ってトップロープ状態で練習。南沢小滝のようですね。
それにしてもなかなかうまくなりません。何回か登って疲れて足さばきがおぼつかなくなって終了。
体力もありません。



帰りに尾白川の川床から上流方向をみるとなにやら凍ったルンゼっぽいものが見えました。
調べてみたら、moto.pさんのいうところの鞍掛山東面前の沢(仮称)ですかね。
上のページ見る限り、奥の沢(仮称)も刃渡り沢より面白そうです。今度行ってみよう。


DSC02083_20140119210744e20.jpg



ちなみに。某トポの略地図がわかりにくかったので。


尾白川下流域2


電子国土ポータルより引用し一部改変)




オススメ度 ★★★☆☆

いわゆるゲレンデです。近いのでちょっと登りたい日にはいいと思います。
すべての滝が巻けるのでトップロープ張っての練習に使いやすいです。



参考タイム 日向山登山口付近ゲートのちょっと手前で通行止め(1時間40分)林道終点(20分)刃渡り沢出合(30分)双翼の氷柱・上の大滝(登ったり降りたりしたのち撤収)林道終点(1時間)駐車スペース
装備 日帰り装備一式、ソロイスト、10.2mm/50mロープ、スクリュー8本、ハーケン少々(使用せず)
参考 チャレンジ!アルパインクライミング 南アルプス・八ヶ岳・谷川岳編






ペツルシャルレ(PETZLcharlet) ノミック U21 3ペツルシャルレ(PETZLcharlet) ノミック U21 3
()
PETZLcharlet(ペツルシャルレ)

商品詳細を見る



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のら

Author:のら
 
のらクライマー。

登山歴たぶん10年目、
のら歴も同じく。

無所属のらクライマー。
あいかわらずビレイはできません。

いつもジムのボルダーで練習しています。
外のボルダーやショートルートは登ったことがありません。


最高グレード(ジム)はもう何年も更新されません・・・。
 ボルダー:2段、OS 1級
 ボルダー長もの:5.12b、OS 5.12a(年2,3本やるだけ)



山行記録一覧はこちらをクリック

twitter(更新情報のみ)
 

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。