スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.4.27 北アルプス 白馬岳「主稜」

2014.4.27 北アルプス 白馬岳「主稜」
2級上 / II〜III-くらい
日帰り 雪稜(ソロ)


テント泊装備を背負って日帰りの雪稜旅。
あまりの暑さに熱中症気味になりました。


----------



土曜日は昼すぎに出発し、夕暮れ時に白馬入り。
道の駅白馬で天ぷら蕎麦と白馬紫米おこわの定食を食べ、猿倉へ。
20時頃就寝にもかかわらず、やはり朝は遅く、6時半頃起床で登山届けを出して7時半に出発。
猿倉荘前には遭対協の方が常駐していました。


DSC02165.jpg



猿倉荘からは雪に埋もれた林道らしき道を白馬尻へ。
雪は締まっていて、景色もわりと開けていて気持ちのいい道でした。


DSC02166.jpg



すぐに白馬から小蓮華岳への稜線が見えてくる。


DSC02168.jpg



巨大堰堤の滝が醸し出す不思議な風景。


DSC02174_2014042815275875f.jpg



1時間ほどで白馬尻に到着。
右下から真ん中上に伸びる稜線が主稜です。
すでに何パーティーか取り付いていました。


DSC02178.jpg



大雪渓も状態はよく、大きな雪崩はなさそうです。


DSC02180.jpg


DSC02183.jpg



主稜への取り付きは末端から緩くてひろい雪の斜面を登っていきます。
このあたりはまだアイゼンつけずにストックで登りました。


DSC02181_20140428152823722.jpg



8峰付近のあたりでアイゼンを装着しつつ、休憩。
めちゃくちゃ暑く、これだから春山は嫌なんだ、と思いつつ雪で顔を冷やす。
暑さではきそうです。


DSC02185.jpg



2000mあたりから稜らしきものに出て、部分的に若干急で細めなところがあります。


DSC02187.jpg



切れ味の悪いナイフリッジ。


DSC02188.jpg



振り返ると雪庇のひだひだがいい感じ。
この稜線、前向きよりも後ろ向きの方がいい景色です。


DSC02192.jpg



何峰か全くわからないまま、歩いて行きます。
ロープを出すようなところはありませんが、シュルントののっこしはやや面倒。


DSC02193_20140428152857431.jpg



また後ろ向き。


DSC02195.jpg



前向き。


DSC02196.jpg


DSC02197.jpg



後ろ向き。


DSC02198_20140428152925c1c.jpg



先行パーティーの三人組が雪庇的なシュルントの下をトラバースしています。
このあたりでようやく涼しくなってきた。とはいっても頂上まで上着を着ることはありませんでした。


DSC02199.jpg


DSC02201.jpg



DSC02203.jpg



黙々と登っていくと、最後の核心が見えてきました。
スノボ?スキー?のパーティーが登っていますが、なぜか全員一緒にのぼっています。
一人落ちたら全員死にます。あぶない。


DSC02207_20140428152951177.jpg



核心部下から。ロープ出すとしたら上半分、小さな露岩から1Pでしょうか。
下半分はこれまでの雪稜部分となんら変わりません。


DSC02208_2014042815295384c.jpg



露岩から雪庇を見上げる。50〜60度くらいでしょうか、
GWともなると簡単です。


DSC02210.jpg



頂上にでました。


DSC02213.jpg


この山はやはりスキーヤーの山なんですね。
スキーを持った人の方が多いくらいです。
私は徒歩派なので歩いて降ります。


DSC02218_2014042815302072b.jpg



大雪渓を降りていると、一眼レフカメラをもったひとに
「雷鳥がいるよ」と教えてもらいました。
白バージョンのつがいです。


DSC02219.jpg



大雪渓の下りはあっという間ですね。


DSC02220.jpg



左岸、白馬側からは雪崩の跡のデブリがたまっていました。


DSC02221.jpg



結局テントを持って日帰りになってしまいました。



白馬の街におりると、あたりは桜の季節で、そこら中に満開の桜があります。
倉下の湯に入ってさっぱりしたあと、細野諏訪神社の樹齢300年以上という江戸彼岸桜に立ち寄ってみました。


DSC00690_20140428153045b8e.jpg



DSC00694.jpg



春ですなあ。




オススメ度 ★★★☆☆

鹿島槍東尾根の核心部をなくした感じ。アプローチも皆無。
八ヶ岳で雪のバリエーションを経験した人の、次のステップといった趣です。
GWの頃ならトレースをたどるだけなので、猿倉から日帰りで十分でしょう。



参考タイム 
猿倉駐車場(1時間半)主稜取付(5時間)白馬頂上(1時間45分)白馬尻(45分)猿倉
装備 テント泊装備一式、ソロイスト、8mm/50mロープ、薄刃ピトン2本、デッドマン、以上すべて使用せず

参考 チャレンジ!アルパインクライミング(北アルプス編)











関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のら

Author:のら
 
のらクライマー。

登山歴たぶん10年目、
のら歴も同じく。

無所属のらクライマー。
あいかわらずビレイはできません。

いつもジムのボルダーで練習しています。
外のボルダーやショートルートは登ったことがありません。


最高グレード(ジム)はもう何年も更新されません・・・。
 ボルダー:2段、OS 1級
 ボルダー長もの:5.12b、OS 5.12a(年2,3本やるだけ)



山行記録一覧はこちらをクリック

twitter(更新情報のみ)
 

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。