夏山装備一覧(2016版)

※2年ぶりの更新です。

2014→2016年での主な変更点
 ・沢靴を沢タビからゴム底メインに。下山を楽にしたかったので。
 ・ハーネスを軽量タイプメインに。難しいルートに行かず、ロープ出すことが減ったため。
 ・一般装備の項目を追記



試行錯誤の上たどり着いた2016年7月現在の
夏山登山・岩登り・沢のぼり用ウェア・クライミングギア一覧(基本装備以外)をリストアップします。
「自分に合う」という観点で選んでおりますが、これからチャレンジする方の参考になればと思います。
ウェア・クライミングギア以外のそのほかの通常装備は別途紹介します。
ひとつひとつの選んだ理由や解説は後日別に載せる予定です。


※思いつく限りで書いていますので全てではありません。



【記号の見方】

◎ 文句なくオススメ。
○ 今のところ問題はない。
△ もっといいものがあるかも。







【ウエア等】


※行動時に着ない防寒着等は別途テント泊装備一覧・日帰り装備一覧で。


夏山登山・岩登りの場合

◎Tシャツ: WIC.Tワンポイントロゴ、モンベル
○インナー: ジオラインL.W.ラウンドネックシャツ、モンベル
◎パンツ: カミノパンツ、ファイントラック
○ウインドブレーカー: ノースフェイスのフード付き薄手ウインドブレーカー
◎靴下: PhDアウトドアミディアム クルー、スマートウール
○アプローチシューズ: B5、スポルティバ
○アプローチシューズ(アイゼン使用の場合): トランゴキューブGTX、スポルティバ
○帽子: つばが全面にあるもの


沢のぼりの場合

○レインジャケット: ノースフェイスの極薄レインウェア
○シャツ: ラピッドラッシュジップネック、ファイントラック
◎インナー: スキンメッシュ、ファイントラック
◎パンツ: カミノパンツ、ファイントラック
○タイツ: アクアボディタイツ、モンベル
◎手袋: ストリームグローブ、モンベル
○靴下: KAMICO ストリームソックス、モンベル
○沢靴(ゴム): サワートレッカー RS、モンベル
○沢靴(フェルト): サワーシューズロング、モンベル
○アプローチシューズ(アプローチ・下山が長い場合): B5、スポルティバ
○帽子: つばが全面にあるもの



【ギア】

ソロイスト、ロープバッグ以外は通常のクライミング装備です。


○ヘルメット: メテオ3、ペツル
◎ビレイ機: ソロイスト、rock exotica
○ロープ(登攀用): エレメンツ10.2mm x 50m、エーデルワイス
○ロープ(下降用): フェニックス8mm x 50m、マムート
○ロープ(沢下降用): 8mm x 30m、エーデルワイス
○ハーネス: サワークライム シットハーネス、モンベル または アジャマ、ペツル
○チェストハーネス: チェストハーネス、マウンテンダックス
◎ヌンチャク: ヘリウムワイヤー+ペツル・エクスプレス11cm
○ディッセンダー: ルベルソキューブ、ペツル
△懸垂時のバックアップ: シャント、ペツル(重い)
○カム: キャメロットC4、ブラックダイヤモンド
○ナッツ: ストッパー、ブラックダイヤモンド
○ヘックス: ワイヤードヘキセントリック、ブラックダイヤモンド
○トライカム: トライカム、カンプ
○ピトン: ナイフブレード、バガブー、ブラックダイヤモンド等(薄短中心)
△ハンマー; チコ、ミゾー(やや軽すぎる)
○ロープバッグ: メッシュギアコンテナ20、モンベル
○その他カラビナ: BDポジトロン(ノーマルスクリューゲート)やコングのオーバルなど
○スリング: 各社ダイニーマスリング120cm中心
○ナイフ: スパサ(S)、ペツル
△ナッツキー: ブラックダイヤモンド


以下は雪が出てくる場合に使用

◎アイゼン: バサック、ペツル
◎アックス: クォーク、ペツル



【一般装備】

◎テント: エスパースソロ シングルウォール、ヘリテイジ(旧モデル)
○ツェルト: ツェルト1?、ファイントラック(沢泊または緊急用)
(※ヘリテイジのクロスオーバードームを導入予定)
○ストーブ: P-153、プリムス
○コッヘル: ソロセット極チタン、スノーピーク(主にカップのみ使用)
○マット: リッジレストソーライト、サーマレスト(スモールを90cmに切って使用)
○銀マット: 山道具屋で売ってる普通のもの、薄いタイプ
○寝袋: ダウンハガー800 #3、モンベル(※旧モデルを使用)
○シュラフカバー: ブリーズドライテックスリーピングバッグカバー、モンベル(沢で寝袋代わりに使用)
○防寒着: モンベルのダウン、旧モデル800フィルパワーくらい
○雨具: ストームクルーザー、モンベル
◎ヘッドランプ: ストーム、ブラックダイヤモンド(明るさ優先)
○ザック: プロライター30L、ミレー または バリアント52L、オスプレー
○アマチュア無線機: 144MHz 防水タイプ、ALINCO
○救急用品一式: ガーゼ、テーピング、普通のエマージェンシーシートなど。場合によっては携帯添え木も
○ライター: 100円ライター
○地図: 地形図・トポをコピーし、0.08mm厚・A5ジップロック(セリア)に+山と高原地図
○コンパス: シルバの普通のもの
○腕時計: プロトレック(高度計つきで10気圧防水以上のもの。他社品は滝で故障してしまった)
○水筒: ナルゲン1Lプラティパス、サーモス250mLくらい(インスタントコーヒー用)
○カメラ: 防水コンデジ(ソニーの旧モデルDSC-TX30)
○食糧: 行動食はお菓子、ドライフルーツ、エナジージェル系など。夜・朝ご飯はフリーズドライ。
○飲み物: プラティパスに緊急用をかねて真水、ナルゲンはBCAA系。他、インスタントコーヒー、紅茶
○文庫本: 山ではノンフィクションかそれに類するものが多い



【釣り道具】

※釣り道具はこちらの記事を参照のこと。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のら

Author:のら
 
のらクライマー。

登山歴たぶん10年目、
のら歴も同じく。

無所属のらクライマー。
あいかわらずビレイはできません。

いつもジムのボルダーで練習しています。
外のボルダーやショートルートは登ったことがありません。


最高グレード(ジム)はもう何年も更新されません・・・。
 ボルダー:2段、OS 1級
 ボルダー長もの:5.12b、OS 5.12a(年2,3本やるだけ)



山行記録一覧はこちらをクリック

twitter(更新情報のみ)
 

最新記事
カテゴリ